G斬りデビューだ!燕D2・大下、21日初登板「自分のボール投げる」

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/02/14

ヤクルト春季キャンプ(13日、沖縄・浦添)ヤクルトのドラフト2位・大下佑馬投手(25)=三菱重工広島=が21日の巨人との練習試合で実戦デビューすることが13日、分かった。

大下は11日に打撃投手で38球、さらにその後のブルペンで100球を投げ調整していた。「(21日は)自分のボールを投げることだけを考えたい。欲は出さないように」と気合を込めた。

最速150キロの直球を持ち、スライダー、カーブ、ツーシームなどを操る即戦力右腕は、巨人打線相手にも「意識? ないですね」とハートの強さも武器だ。 (横山尚杜)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
台湾で2年連続4割超の王柏融に日本球界経験者も太鼓判「彼は成功すると思う」
ホークスにも“死角あり” 平成唯一の3冠王・松中氏が語る2018年パの展望
小平 銀の李相花に「リスペクトしているよ」“特別の友達”称え合う
広島・高橋昂、中日相手に3回無失点 初回ピンチも「自分の投球できた」
小平の金に地元も歓喜 「タイムもメダルも最高」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加