高知8強決定。新人戦準Vの高知、2年ぶりV目指した高知商が敗退に

  • ゲキサカ
  • 更新日:2018/05/15

平成30年度全国高校総体「2018彩る感動 東海総体」サッカー競技(三重)高知県予選は13日に2回戦を行った。新人戦優勝の岡豊高は今大会初戦で宿毛高に11-0で大勝。連覇を狙う明徳義塾高、選手権出場の高知西高も快勝したが、新人戦準優勝の高知高は延長戦の末、高知中央高に1-2で競り負けた。

2年ぶりの優勝を目指した高知商高土佐高に0-1で惜敗。その他、土佐塾高、高知工高、高知農高が19日の準々決勝進出を決めている。

[準々決勝](5月19日)
岡豊高 - 土佐塾高
高知工高 -明徳義塾高
土佐高-高知西高
高知農高 -高知中央高

[2回戦](5月13日)
岡豊高 11-0 宿毛高
土佐塾高 2-1 中村高
高知工高 4-0 幡多農高
宿毛工高 0-7明徳義塾高
土佐高1-0高知商高
清水高 0-10高知西高
高知農高 2-0 高知南高
高知中央高2-1(延長)高知高●【特設】高校総体2018

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ドラ1候補大阪桐蔭・藤原センバツ以来復帰戦5の5
千葉明徳(千葉) 先輩たち超え、初の甲子園へ
「MAJOR思い出した」「そのまんますぎ」 アメフト問題で注目、人気野球漫画のワンシーン
智弁和歌山が圧勝で近畿4強
【高校野球最前線】最速151キロの「ロマン枠」引地秀一郎(倉敷商)にライバル対決の石川&富山
  • このエントリーをはてなブックマークに追加