最新ランキングをチェックしよう
“意外性の男”寺内 満塁V撃!敬遠勝負に「何が何でも打つ」

“意外性の男”寺内 満塁V撃!敬遠勝負に「何が何でも打つ」

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2017/08/11

◇セ・リーグ 巨人5―2阪神(2017年8月10日 東京D)
 11年目の仕事人が若々しく喜びを爆発させた。2―2の8回、前の打者の村田は勝負を避けられて四球で2死満塁に。打率・133だった巨人・寺内は燃えていた。「何が何でも打ってやる」。1ボールからの150キロの直球を思い切り引っ張り、決勝2点二塁打に何度も右拳を突き上げた。
 「チームに貢献できて“よっしゃ!”という気持ち。ベンチのみんなも喜

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神・横田慎太郎「22歳で脳腫瘍と宣告されて」
リーグV奪回ホークス、なぜ強い?
早実・清宮あすプロ志望届 運命の日は学校の試験
ロッテ井口「ありがたい、光栄」監督就任に前向き
ハム大谷V弾、DeNA大勝/23日プロ野球まとめ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加