「インフェルノ」特別映像、ハンクス演じるラングドンの特殊能力が明らかに

「インフェルノ」特別映像、ハンクス演じるラングドンの特殊能力が明らかに

  • ナタリー
  • 更新日:2016/10/19

「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3弾「インフェルノ」の特別映像がYouTubeにて公開された。

動画を見る

すべての写真を見る(全4枚)

No image

きれいな写真をもっと見る(全4枚)

No image

本作はダン・ブラウンの小説を原作とする「ダ・ヴィンチ・コード」「天使と悪魔」に続くサスペンス。トム・ハンクス扮する宗教象徴学者ロバート・ラングドンが人類の危機を救うため、詩人ダンテの叙事詩「神曲」の地獄(インフェルノ)篇に隠された秘密に挑む。ラングドンとともに謎を追う女医シエナに扮するのはフェリシティ・ジョーンズ。シリーズ前2作に引き続き、ロン・ハワードが監督を務めた。

特別映像には、ハワード、ハンクス、ジョーンズが登場し、ラングドンのキャラクターについて語っていく。ハンクスは「インディ・ジョーンズとシャーロック・ホームズを足して2で割った感じだ」とラングドンの人並み外れた頭脳について解説。ハワードは「すべてを記憶する映像記憶という能力がある」とラングドンの特殊能力について語り、本作では「彼の高い思考能力が壊滅的に狂わされ、機能しなくなる」とラングドンが窮地に陥ることを明かす。そして、彼の中のある新しい能力が目覚めることを示唆して映像は終わる。

「インフェルノ」は10月28日より全国でロードショー。

「インフェルノ」特別映像… の再生はこちら

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アニメ史上最も「悲惨なバッドエンド」を迎えた作品ランキング
リアル猫侍とネット騒然の「よろいを着た猫を散歩させる猫耳の武士」、実は現代アートだった なぜ生まれたのか作者に聞いた
映画「君の名は。」興収199億円超え、邦画歴代2位に 「ハウル」抜き、上は「千と千尋」だけ
映画「この世界の片隅に」は日常系アニメ たとえ戦争中でも生活は続いている
女同士の究極の純愛―中田秀夫監督、初のロマンポルノ『ホワイトリリー』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加