タガノトネール予後不良...調教中に右脚開放骨折

  • デイリースポーツ online
  • 更新日:2016/12/01

チャンピオンズCに出走予定だったタガノトネール(騙6歳、栗東・鮫島)が、11月30日の調教中に右第3中手骨開放骨折を発症。予後不良となった。同馬は昨年にオープン入り。佐賀のサマーチャンピオンで交流重賞を初制覇し、南部杯では2着に食い込むなど着実に力をつけてきた。

前哨戦の武蔵野Sをコースレコードで完勝したことから、G1での活躍が期待されていた。通算38戦8勝。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
火星で1,600m級の超巨大“トリプルタワー”が発見される! 人類移住時に基地として利用可能!?
かまってちゃんかよ! 「すぐ浮気しそう」な女の特徴・7
「説得力ありすぎる」成宮を思いやるたけしの自虐にネットがざわつく......
なにその神対応っ......! 「器が大きい男性」の6つの特徴
サルの顔を持つブタが中国の農家で誕生 「異種間交配実験の失敗作か」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加