ロッテ加藤、値千金4号3ラン「切れるなと思って」

ロッテ加藤、値千金4号3ラン「切れるなと思って」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/09/15
No image

日本ハム対ロッテ 9回表ロッテ2死一、二塁、右越え3点本塁打を放つ加藤(撮影・黒川智章)

<日本ハム4-6ロッテ>◇14日◇札幌ドーム

ロッテ加藤翔平外野手(26)が逆転の4号3ランを放ち、チームに勝利をもたらした。

3-4の9回2死一、二塁で、日本ハム増井の真っすぐを右翼席へ放り込んだ。カウント3-1となり、「増井さんは、直球も、フォークも一級品。次の荻野さんも調子が良いし、3-1で直球に絞りました」と、狙いどおり低めの150キロを捉えた。「距離的には行ったと思いましたけど、ポール際だったので、切れるな、と思って走りました」と話した。

同点の3回1死二塁では、有原の初球をセーフティーで投手内野安打とし、この回の一時勝ち越しにつなげた。「(一塁の)中田さんの守備位置が深かったし、二塁が横尾でカバーも多少、遅れるかな」と、読みと技がかみ合った。

5回にも右前打を放っており、内容十分の3安打だった。伊東監督は「翔平は、ずっと打撃の状態が良い。粘りが出てきた。ああいう場面で打って自信になるでしょう。最後の攻撃で2死から一振りで逆転。野球の魅力だけど、いい経験をしたと思う」と、ねぎらった。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
阪神二軍監督“解任”の掛布雅之氏が「金本を潰す!」と、他球団に怒りの売り込み
阪神・糸井、謎の進軍ラッパ「ジャンヌ・ダルク」で日本一へ大逆転だ!
菜乃花のカープ優勝グラビア、I乳が横へ下へはみ出てめでたすぎる
巨人戦で左翼スタンドから物が投げ込まれる 福留の頭上を通過
伊藤智仁、盛田幸妃...「伝説の投手」7人の人生
  • このエントリーをはてなブックマークに追加