嘉風、竜電との取り直し制すも「36歳にはキツイ」

嘉風、竜電との取り直し制すも「36歳にはキツイ」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/05/16
No image

取り直しの後、竜電(左)を寄り切りで破る嘉風(撮影・狩俣裕三)

<大相撲夏場所>◇4日目◇16日◇東京・両国国技館

ベテランの東前頭8枚目嘉風(36=尾車)が、東前頭7枚目竜電(27=高田川)との取り直しになった一番を制した。

最初の取組は嘉風が左を差して寄り切ったと思われたが、右足が勇み足気味に飛び出てしまい物言いがついた。協議の末に取り直しとなったが、再び左を差して次は慎重に寄り切った。

2度目の仕切りでは息も整えられず、表情も疲れていた様子だった。「36歳に取り直しはキツイ。協議している間も『頼むから勝ちにしてくれ』って思っていた。相手に疲れているのがバレないように息を殺そうと思ったけど、息を殺すともっと苦しくなるから、バレもていいと思って息してました」と冗談めかして話した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
栃ノ心、大関当確 無傷10連勝 師匠56歳誕生日に決めた
休場の遠藤が再出場、テーピングで白鵬と対戦/夏場所
照ノ富士、23日から再出場 十両残留には5戦5勝が必要
鶴竜 自分にダメ出し「流れを台無しにした」
遠藤、再出場で白鵬に黒星 大声援には感謝
  • このエントリーをはてなブックマークに追加