成蹊大学とNTT Com、IoTを活用した「空間の価値」最大化の実証実験

成蹊大学とNTT Com、IoTを活用した「空間の価値」最大化の実証実験

  • マイナビニュース
  • 更新日:2018/02/13
No image

成蹊大学とNTTコミュニケーションズ(NTT Com)は2月13日、温湿度に加え、照度・CO2濃度データなどを収集し、学生や教職員からの体感評価と組み合わせることで、学生の快適な学習環境を実現するための「空間の価値」の最大化に向けた実証実験を2018年2月19日から開始すると発表した。

両者は2017年4月に開始したIoT技術を用いた環境モニタリング実証実験において、大学講義室内や図書館内に設置した国際標準無線通信規格の1つである「EnOcean」センサーから、適正な環境データ(温湿度)を取得することに成功している。

今回の実験では、成蹊大学の大学講義棟や図書館などの居室内に設置した「EnOcean」センサー約30個から、温湿度・照度・CO2濃度などのデータを収集し、NTT ComのセキュアなIoT向けクラウドサービス「Things Cloud」上に蓄積。蓄積されたデータをもとに、空気の流れを把握・分析する流体力学を専門としている成蹊大学の小川教授研究室が、学生や教職員に快適な空間となる温湿度・気流を分析し、NTT Comが照度やCO2濃度などのデータ分析を行う。その後、学生や教職員から得た体感評価と組み合わせることで、最適な学習環境を実現する条件を特定し、「空間の価値」の最大化を図るという。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
Excelはもう古い?ビジネスマン必見のデータ分析最強ツールとは
1人乗り三輪EV「SOLO」はワイヤレス充電に対応! 年内にも販売開始予定
どんな家電もIoT化できちゃう便利なWi-Fiプラグ『ePlug」
バッテリーはどこへ? 普通のロードバイクにしか見えない電動自転車「Gain」
フレーム重わずか1.5キロ!カーボンファイバー製フレームを採用した電動バイク「Nireeka」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加