広島エルドレッド&新井、苦手八木から連続適時打

広島エルドレッド&新井、苦手八木から連続適時打

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/08/10
No image

1回表広島2死一、二塁、エルドレッドは先制の中前適時打を放つ(撮影・前岡正明)

<中日-広島>◇10日◇ナゴヤドーム

広島が1回にブラッド・エルドレッド内野手(37)と新井貴浩内野手(40)の2者連続適時打で2点を先制した。

1回2死走者なしから連続四球で一、二塁とすると、5番エルドレッドは初球139キロ真っすぐを中堅にはじき返して、二塁走者を迎え入れた。さらに一、三塁で6番新井は追い込まれながら外角球にうまくバットを合わせて右前にはじき返し、貴重な追加点をもたらした。

一昨季2勝4敗と苦手とした「カープキラー」の中日八木から幸先よく2点を先取。エルドレッドが「初球からコースに逆らわずうまく打つことが出来たよ」と言えば、新井は「ランナーをかえすことが出来て良かった」と話した。両ベテランが試合の流れを引き寄せた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
あ〜あ...阪神・藤浪、4回7四死球 82日ぶり1軍も悪癖そのまま
サファテ史上2人目の3年連続40S、岩瀬に並ぶ
松田がV弾!タカ首位ガッチリ「この打席は勝負をかけようと」
DeNA、守護神&9番野手で劇勝!倉本が自身2度目サヨナラ打
DeNA前球団社長・池田純氏、Bリーグ川崎を友好的買収へ!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加