古代エジプトの採鉱を管理する建物、南部で発見

古代エジプトの採鉱を管理する建物、南部で発見

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/12
No image

エジプト・アスワン北部のタルエドフで発見された、鉱山を管理する目的で使用された古代エジプトの建物。エジプト考古省提供(2017年12月9日提供)。

【AFP=時事】約4400年前の古代エジプトで採鉱のための遠征隊を管理する目的で使用された建物二つの遺跡が、エジプト南部で発見された。エジプト考古省が11日に発表した。

これらの遺跡はエジプト南部アスワンの北に位置するタルエドフで行われた米国とエジプトの共同プロジェクトで発見された。

考古省によれば、一方は4400年以上前にエジプト古王国を統治した第5王朝のファラオ、ジェドカラー・イセシの時代、もう一方は第6王朝(紀元前2323~同2135年)時代に建設された。

考古省のアイマン・アシュマウィ氏はAFPに対し、「この施設はたくさんの部屋を備えた二つの巨大な建物から成るが、まだ十分に調査されていない」と述べた上で、「これらの建物は金や銅や宝石を求めて東部の砂漠へ向かう採鉱チームを管理する施設として使用された」と説明した。

歴史学者らによると、ジェドカラー・イセシ時代は銅などの資源を求めてシナイ南部への遠征が行われたことで知られる。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「世界最大の空気清浄機」が中国に建てられ効果を発揮していることが判明
パチンと異音 くしゃみ我慢の34歳男性“のど破裂”
韓国人はなぜ90年代から日本を憎むようになったのか
新品で購入したジーンズのポケットに汚れた「紐パン」(米)
史上5番目に大きいダイヤ発見、910カラット アフリカ南部
  • このエントリーをはてなブックマークに追加