今季好発進のリバプール、独代表フンメルスの「クロップはプレミアを制す」発言に再脚光

今季好発進のリバプール、独代表フンメルスの「クロップはプレミアを制す」発言に再脚光

  • Football ZONE web
  • 更新日:2018/09/16
No image

(左から)ドルトムント時代のDFフンメルスとクロップ監督【写真:Getty Images】

ドルトムント時代に黄金期を築いたクロップ監督とフンメルス

リバプールを率いるユルゲン・クロップ監督は、今季で監督就任4年目を迎える。昨季はリーグ4位に終わったが、今季は開幕から4連勝を飾ってプレミアリーグ制覇の期待も高まっている。そのクロップ監督のドルトムント時代の教え子であるドイツ代表DFマッツ・フンメルス(バイエルン)が、当時口にしていた“予言”が今話題を集めている。英メディア「GIVE ME SPORT」が報じた。

リバプールは今季、かつてないほどの積極的な大型補強を敢行。開幕から4連勝で勝ち点を積み上げてスタートダッシュに成功した。クロップの戦術も浸透し、課題であった守備も改善。いよいよリーグ制覇への準備が整ったと言えるだろう。

2008年から7年間率いたドルトムントでは、10-11シーズン、11-12シーズンでブンデスリーガ連覇を達成。12-13シーズンにはUEFAチャンピオンズリーグで準優勝し、クラブの黄金期を築いた。

一方、フンメルスも同時期の08年にドルトムントに加入すると、当時19歳の若さでレギュラーの座を勝ち取った。チームのディフェンスリーダーへと成長し、日本代表MF香川真司らとともにクロップ監督から絶大な信頼を置かれていた。

フンメルスは、16年に古巣バイエルン・ミュンヘンに復帰を果たす。その一方で、クロップ監督は、14-15シーズン終盤にドルトムントの指揮官を退任。翌シーズン途中からリバプールの監督に就任した。当時フンメルスは、新たな挑戦を決断した恩師のプレミア制覇をこう予言していた。

「彼が勝者であることを、僕はよく分かっている」

「僕は、クロップがリバプールでリーグ制覇を成し遂げることができると確信している。彼が勝者であることを、僕はよく分かっている。彼の長期的目標は、ただチャンピオンズリーグ出場権を獲得し、そこに定着することだけではないはずだ。タイトルに向け、マンチェスター・ユナイテッドやマンチェスター・シティ、チェルシー、アーセナルに挑んでいく時、彼は絶対的な強さを発揮することになると思うよ」

記事では3年前のフンメルスのこの発言を引用。奇しくも、それが現実味を帯びてきた。クロップ体制のリバプールは、プレミアの“ビッグ6”と呼ばれる強豪に対して無類の強さを誇り、今季はプレミアリーグ発足以来初となるクラブ史上初の開幕4連勝で首位につける。新シーズンは始まったばかりだが、フンメルスの“予言”が的中しそうな気配が漂っている。

(Football ZONE web編集部)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
少年野球のひどすぎる体罰・暴行 19件にわたる「体罰リスト」で日常的な暴力が明らかに
「完璧な弾道だ!」「クールな男」鮮烈ゴールの南野拓実に地元メディアから称賛の嵐!
ネイマール獲得、カタールW杯招致の陰で...「今そこにある疑惑」
吉田麻也、元プロ野球の大物投手と親戚だった?
元レアルDFのモデル妻がヌード写真を全世界に発信。夫の反応は...?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加