リブート版「ヘルボーイ」から白人俳優が降板 ホワイトウォッシングと批判受け

リブート版「ヘルボーイ」から白人俳優が降板 ホワイトウォッシングと批判受け

  • 映画.com
  • 更新日:2017/09/15
No image

エド・スクライン Photo by Samir Hussein/WireImage

リブート版「ヘルボーイ(原題)」に出演が決まっていたエド・スクライン(「デッドプール」「トランスポーター イグニッション」)が、ネット上の批判を受けて、自ら降板する決意を固めたとハリウッド・レポーター紙が報じた。

同作は、米ライオンズゲートとミレニアム・フィルムズが、ギレルモ・デル・トロ監督、ロン・パールマン主演のSFアクション「ヘルボーイ」をR指定映画としてリブートする注目作。心優しい異形のヒーロー、ヘルボーイ役にデビッド・ハーバー(「ストレンジャー・シングス 未知の世界」)、ヘルボーイの養父ブルーム教授役をイアン・マクシェーン(「ジョン・ウィック」シリーズ)、悪役ブラッド・クイーン役にはミラ・ジョボビッチ(「バイオ・ハザード」シリーズ)が決まっている。

スクラインは、ヘルボーイと同じ超常現象調査防衛局(B.P.R.D.)に所属する手荒な元軍人ベン・デミオ役を演じると発表されていたが、原作でアジア人という設定のキャラクターをイギリスの白人俳優が演じることにクレームが殺到。「ドクター・ストレンジ」や「ゴースト・イン・ザ・シェル」など、最近のハリウッドではアジア人のキャラクターを白人俳優が演じる、いわゆる「ホワイトウォッシング」が物議を醸していることから、ベン・デミオ役のキャスティングも大きな批判を浴びることになった。

そのため、「原作ではアジア系であることを知らずに、この役を引き受けました」とスクラインは声明で釈明。「このキャラクターを文化的に正しく描くことがたくさんの人にとって大切なこと、その責任を怠るとマイノリティの方々の物語やボイスを芸術界で埋没させ続けてしまうことが明白です。この点を鑑みて、しかるべき敬意を払うことが重要だと悟りました。従って、このキャラクターが正しく配役されるように、降板します」。

「ヘルボーイ(原題)」は「ディセント」「ゲーム・オブ・スローンズ」のニール・マーシャル監督がメガホンをとり、今月クランクインの予定。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ついに!『アバター』続編、撮影が来週からスタート
SNS中毒コワッ!エマ・ワトソンが「いいね!」のため全生活を公開『ザ・サークル』ポスター&本予告
『ゴールデンカムイ』も!? 「大人&子供コンビの漫画は名作」の法則を検証してみた!
『ファンタビ』続編に“第2のディーン・フジオカ”デヴィッド・サクライ出演へ!
9月23日の注目映画第1位は『オー・ルーシー!』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加