マザーズ先物概況:続落、自律反発の動きは限定的

マザーズ先物概況:続落、自律反発の動きは限定的

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14
No image

株式会社フィスコ

14日のマザーズ先物は8pt(下落率0.70%)安の1122ptで取引を終えた。高値は1138pt、安値は1118pt、売買高は759枚となった。売り先行でスタートした主力大型株に押し目買いが入るなか、マザーズ先物にも自律反発の動きが見られた。主力大型株の決算が概ね一巡したことを受け、比較的出遅れ感があるものの好業績銘柄の多い中小型株に短期資金がシフトする格好となった。しかし、引けにかけて相場全体の地合いが軟調となるなかで、個人主体のマザーズ先物を売りヘッジする取引が増加した。個別では、直近IPO銘柄のSKIYAKI<3995>やロードスター<3482>が売られた。

<SK>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【美人コンパニオン多数】「第20回名古屋モーターショー」開幕
パチンコ店は今後、交換率を上げずに生き残れるのか
雪や氷にも対応 「ハイブリッドアイスクロウ」を搭載した女性用厚底ブーツ発売
次世代タクシーがお目見え! それに伴い、欠かせない「アレ」もリニューアル?
〝IT時代の三河屋〟を志す農業ベンチャー社長が語るアグリテック最前線
  • このエントリーをはてなブックマークに追加