最新ランキングをチェックしよう
マザーズ先物概況:続落、自律反発の動きは限定的

マザーズ先物概況:続落、自律反発の動きは限定的

  • FISCO
  • 更新日:2017/11/14

株式会社フィスコ
14日のマザーズ先物は8pt(下落率0.70%)安の1122ptで取引を終えた。高値は1138pt、安値は1118pt、売買高は759枚となった。売り先行でスタートした主力大型株に押し目買いが入るなか、マザーズ先物にも自律反発の動きが見られた。主力大型株の決算が概ね一巡したことを受け、比較的出遅れ感があるものの好業績銘柄の多い中小型株に短期資金がシフトする格好となった。しかし、引

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
アメリカでも批判噴出。メイド・イン・ジャパンを誇れなくなる日は近い?
年金支給を70歳超えまで繰り下げた人は、いくら得をするのか?
この10年、日本の大企業で「品質問題」が続発する理由がわかった
コメダ、驚異的高収益の秘密はパンのメニュー大量投入?凋落のスタバと真逆戦略で無敵
コンビニ倒産急増 人手不足で24時間営業見直し シェア自転車、ジム、コインランドリーなど多角化
  • このエントリーをはてなブックマークに追加