カメラマンも緊張感と闘い、写真送れなかった開会式

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/14

真っ赤な口紅の「美女応援団」にスイッチが入り、甲高い歌声が寒空の五輪スタジアムにこだましたころ、私の通信機器は完全にオフ-。写真を送れない状況に震えた開会式をはじめ、初体験の五輪は緊張感との闘いになっています。

世界で活躍している選手たちも人の子です。美しいジャンプを決めるフィギュア選手が、普通に氷上を滑りながら前のめりにバタン。独特の緊張感でいつも通りにいかなかったようで、恥ずかしそうにほおを赤らめる姿を初めて見ました。

スピードスケートの高木美帆の3000メートルには“いつも通り”を発揮する難しさを、1500メートルでは、それができたときのうれしさが見えました。平昌で、私は日本と同じように晩酌を大切にしています。赤黒いラーメンの汁をアテに、マッコリをグビグビ。明日もいい仕事をするための、いつも通りの儀式です。【写真部・山崎安昭】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
カーリング女子銅メダル、悔し涙から一夜笑顔戻った
虎の遊撃手争い激化!西岡“足”で存在感 糸原も2安打でアピール
家入レオ、高木菜那ヤッターに「同じように叫んだ」
阪神・中谷、課題克服直球撃ち!センター危機の中...金本監督「収穫」
DeNAドラ8・楠本“プロ1号”は人生初劇弾「たまたま芯に当たった」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加