最新ランキングをチェックしよう
江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/12/01

イラスト/フォトライブラリー
『酒井伴四郎の日記』として知られる史料がある。和歌山(紀州)藩の下級藩士、酒井伴四郎が万延元年(一八六〇)に江戸詰となり、五月二十九日の江戸到着以来、およそ半年間の四谷の藩邸暮らしを克明に記した日記である。このとき、酒井伴四郎、二十八歳。日記のなかに食事の記録、とくに外食や買い食いについての記述が多数あることから、幕末期の江戸の食生活を示す資料として用いられることが多

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
女性社員が「仕事ができない男だ!」と感じる居酒屋の注文3選
【実話】父の「トイレクイックル」の使い方が大間違いだった話
こんなにおいしそうに見えるのに...残念ながら食べられない物いろいろ
ニュージーランド首相の妊娠・6月出産予定の一報に切なくなる日本女性「これが日本なら・・・」
平日の朝、起きてから出かけるまでに要する時間は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加