最新ランキングをチェックしよう
江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/12/01

イラスト/フォトライブラリー
『酒井伴四郎の日記』として知られる史料がある。和歌山(紀州)藩の下級藩士、酒井伴四郎が万延元年(一八六〇)に江戸詰となり、五月二十九日の江戸到着以来、およそ半年間の四谷の藩邸暮らしを克明に記した日記である。このとき、酒井伴四郎、二十八歳。日記のなかに食事の記録、とくに外食や買い食いについての記述が多数あることから、幕末期の江戸の食生活を示す資料として用いられることが多

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
なぜ100円ショップのセリアは「客層分析」をやめたのか?
世界で一番危ない国は...リスク別に色分けされた世界地図が便利
暴力事件、理事長選、そしてファッション......貴乃花親方の深い闇
【2017クリスマスプレゼント】ふたりの絆を象徴するアガットのクリスマス限定ダイヤモンドジュエリー
【なんだか分かる!?】ディズニーランドの従業員が「来場者に対して絶対にやってはダメなこと」が話題に
  • このエントリーをはてなブックマークに追加