最新ランキングをチェックしよう
江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/12/01

イラスト/フォトライブラリー
『酒井伴四郎の日記』として知られる史料がある。和歌山(紀州)藩の下級藩士、酒井伴四郎が万延元年(一八六〇)に江戸詰となり、五月二十九日の江戸到着以来、およそ半年間の四谷の藩邸暮らしを克明に記した日記である。このとき、酒井伴四郎、二十八歳。日記のなかに食事の記録、とくに外食や買い食いについての記述が多数あることから、幕末期の江戸の食生活を示す資料として用いられることが多

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
SNS上で超話題となっている知能検査と称したこの計算問題、君は解くことができるかな?
横澤夏子、結婚報告に見る“学生時代のカースト”に縛られ続ける女の悲哀
スーパーの「お客様の声」におばあちゃんが孫への本音を書き込む
「お姉ちゃん」につい頼ってしまう育児の難しさ 母親を支える長女の大変さに気付いたという漫画に共感集まる
あなたの家でも起こるかも...... 「小窓を施錠しないまま寝ていたら、恐ろしい目にあった」漫画が本当に怖い
  • このエントリーをはてなブックマークに追加