最新ランキングをチェックしよう
江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

江戸の盛り場で行われていた性の見世物が凄い

  • BEST T!MES
  • 更新日:2016/12/01

イラスト/フォトライブラリー
『酒井伴四郎の日記』として知られる史料がある。和歌山(紀州)藩の下級藩士、酒井伴四郎が万延元年(一八六〇)に江戸詰となり、五月二十九日の江戸到着以来、およそ半年間の四谷の藩邸暮らしを克明に記した日記である。このとき、酒井伴四郎、二十八歳。日記のなかに食事の記録、とくに外食や買い食いについての記述が多数あることから、幕末期の江戸の食生活を示す資料として用いられることが多

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
乃木坂46・西野七瀬と“お泊まり”ディレクターに、テレビ界から厳しい声「業界から追放しろ!」
グラドル小倉優香、『水曜日のダウンタウン』衣装が「確信犯すぎる」と話題
現役部員「集団告発」も!? 日大アメフト、メディアに証言続々
渡部&佐々木希の初共演で浮き彫りになるフジモン夫妻との「格差」
菅野美穂長男がイケメンすぎると話題 公園で堺雅人より有名人
  • このエントリーをはてなブックマークに追加