希望の党・細野氏 憲法9条巡り自衛隊の明記を検討

希望の党・細野氏 憲法9条巡り自衛隊の明記を検討

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/12/06
No image

動画を見る(元記事へ)

希望の党の細野憲法調査会長は憲法9条の改正を巡り、自衛隊を明記することに前向きな考えを示しました。

希望の党・細野憲法調査会長:「現実として非常に大きな実力部隊である自衛隊があるわけですから、それをどう書いていくかについては幅広く議論していけばいいと思います」
また、細野氏は「9条には国民の祈りがこもっている」として、戦力不保持の条項は維持したうえで、自衛隊の明記を検討していく考えを示しました。自衛隊の明記については自民党が検討を進めていますが、立憲民主党は反対しているほか、希望の党内でも「自民党の補完勢力になってしまう」と反対する声が上がっています。細野氏は年明けから9条改正についての党内議論を本格化させていく考えです。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【単刀直言】希望の党・長島昭久政調会長「揚げ足取りに国民はついてこない」首相の9条改憲案「安直ではないですか」
【歴史戦】自民党、目立つ鈍感ぶり 安倍晋三首相「サンフランシスコは失敗だった...」
「核兵器は必要悪か、絶対悪か」ノーベル平和賞スピーチが投げかけたもの
議員年金復活、怒りの声を上げませんか?
立憲・枝野代表 「理念・政策に賛同なら歓迎」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加