エンゼルスも大谷“二刀流ボブル” 異例プランを幹部が明言

エンゼルスも大谷“二刀流ボブル” 異例プランを幹部が明言

  • スポニチアネックス
  • 更新日:2018/01/13

エンゼルスが、大谷翔平投手(23)の「ボブルヘッド・デー」を複数回実施する方針であることが11日(日本時間12日)、分かった。球団No・2のデニス・クール・チェアマンは「ボブルヘッド・デーを複数回予定している」と明言。詳細はマーケティング担当が検討中だが、投打の二刀流としてファンにプレゼントするとみられる。

No image

日本ハムでも投手・打者の二刀流のボブルヘッド人形が製作された大谷

首振り人形はスター選手の証だ。ダルビッシュ(ドジャースからFA)、田中(ヤンキース)の人形が配布されたのはいずれも2年目だったが、大谷は01年イチロー(マリナーズ)、03年松井(ヤンキース)と同様に1年目から抜てきされる。各球団でこの企画を行うのは年間4~6回程度。同一選手が年2回以上、登場するのは極めて異例だ。

エンゼルスタジアムで行われた昨年12月の入団会見では、Tシャツなどの大谷グッズを販売。1日で5万ドル(約555万円)程度を売り上げた。クール・チェアマンは「ファンは早くも翔平に夢中になった。ルックスも抜群だし、ユーモアのセンスもいい」と集客力にも期待していた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
清宮が1軍キャンプ内定!日本ハム高卒新人野手では中田以来10年ぶり
巨人の「8」、広島の「1」 チームの顔「1桁背番号」の“空席”事情
三田友梨佳、白鵬「かち上げ問題」への見事な講釈に安藤優子も脱帽!
DeNAに横浜の誇り、キャップロゴを「Y」に変更
日本ハム清宮「こわい、ムズい」木馬にまたがり苦戦
  • このエントリーをはてなブックマークに追加