累計101万部突破!“吹奏楽部女子”の人間関係をリアルに描いた『響け!ユーフォニアム』シリーズの魅力とは

累計101万部突破!“吹奏楽部女子”の人間関係をリアルに描いた『響け!ユーフォニアム』シリーズの魅力とは

  • ダ・ヴィンチニュース
  • 更新日:2016/12/01
No image

『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』(武田綾乃/宝島社)

嬉し涙も悔し涙も、真剣さの裏にあるものだ。何とも思っていないことに対して、人は涙を流すことはない。青春時代に仲間たちと何かに打ち込むこと、多くの涙を流す経験をすることはその人を輝かせてくれるだろう。

【画像あり】詳しくはダ・ヴィンチニュースへ

武田綾乃著『響け!ユーフォニアム 北宇治高校吹奏楽部へようこそ』(宝島社)は、吹奏楽コンクールで全国大会を目指す女子高校生たちを描いた青春小説。シリーズ累計101万部を突破した『響け!ユーフォニアム』シリーズの第1巻。ライバル校を描いた『響け!ユーフォニアムシリーズ 立華高校マーチングバンドへようこそ 前編・後編』も好評発売中だ。また、京都アニメーションにより昨年4月にはTVアニメ化、今年4月には劇場版、さらには10月からはTVアニメの2期がスタートするなど、その人気はとどまることを知らない。多くの人が今、“吹奏楽部女子”たちの青春に釘付けになっているのだ。

舞台は、過去には全国大会に出場したこともある強豪校だったが、近年は関西大会にも進めていない、京都の北宇治高校吹奏楽部。中学時代、吹奏楽のコンクールで苦い経験をした黄前久美子は、入部する気はなかったのにもかかわらず、クラスメイトたちに流され、高校でも吹奏楽部に入部することになる。新しく赴任した顧問・滝昇の厳しい指導のもと、仲間たちと本気で全国大会を目指すことになるが、久美子は中学時代の経験から「努力したって報われないのでは」というモヤモヤとした思いを胸のうちに抱えていた。しかし、仲間たちと切磋琢磨し合うなかで、久美子は次第に変わっていく。そして、いよいよ訪れたコンクール当日…。さまざまな試練を乗り越えながら、少女たちは吹奏楽に青春を燃やし、確実に成長していく。

この作品の魅力は、女子高生たちの人間関係が丁寧に描かれていることにある。一見華やかで楽しそうな吹奏楽部だが、多くの部員を抱えるがゆえに、問題は後を絶たない。強豪校の日常は、こんなにもドラマティックなのか。真剣だからこそ、緊迫した空気が漂うことは少なくない。新しい顧問によって、ガラッと変わった部活の雰囲気。ハードな練習と学年を問わない実力主義でのコンクール参加者のオーディションのなかで、ソロを巡っての争いや、学業優先のために部活を辞める部員の退部問題など、あらゆる事件が発生するし、時には恋愛にも悩まされる。決して楽しいばかりの日々ではない。だが、どうしてだが、持てる時間のすべてをこの部活に捧げてしまいたくなってしまう。変わりゆく少女たちの姿があまりにもリアルだ。授業だけでは得られない、女子高生たちの心の成長。嫉妬や挫折を乗り越え、部活に打ち込む彼女たちの姿はまぶしく思えるほどだ。

彼女たちのように、全身全霊で何かに打ち込んだ経験がアナタにはあるだろうか。吹奏楽経験者だけでなく、今青春を謳歌している10代の若者から、かつて青春時代を送った大人まで、このシリーズのみずみずしさは多くの人の心を温かくさせる。

文=アサトーミナミ

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

アニメカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
『ユーリ!!! on ICE』ラバーマスコットに、6人のスケーター登場
「ラブライブ!」μ‘sの6年間を網羅した『僕らの音楽大全』登場
アニメ「闇芝居」がまた始まるヨ......! 2017年1月放送開始、豪華13人の「語り」には“ムスカ大佐“寺田農も
「ピアシェ~私のイタリアン~」2017年1月11日放送スタート PVやキービジュアル公開
アニメ流行語大賞2016が発表 金賞はユーフォの「たった今、好きになった」、銀賞に「ガルパンはいいぞ」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加