TeddyLoidが仕掛けるアイナ・ジ・エンド(BiSH)の新境地。ラップ、ストリートダンスに『お腹』も披露!Kダブシャインも参加のEPから新作MV到着!

TeddyLoidが仕掛けるアイナ・ジ・エンド(BiSH)の新境地。ラップ、ストリートダンスに『お腹』も披露!Kダブシャインも参加のEPから新作MV到着!

  • エンタメウィーク
  • 更新日:2017/03/21
No image

TeddyLoidが仕掛けるアイナ・ジ・エンド(BiSH)の新境地。ラップ、ストリートダンスに『お腹』も披露!Kダブシャインも参加のEPから新作MV到着!

KOHH、ちゃんみな他、先取り&サプライズ感満載のコラボレーションを連発しているTeddyLoidのデジタルEPシリーズ、『SILENT PLANET 2 EP』。

Apple Music / iTunesから先行配信されたその最新作は、事前に『楽器を持たないパンクバンド』BiSHから、初ソロワークとなるメンバーのアイナ・ジ・エンドの大々的な参加、そして特別出演的なKダブシャインの客演が予告され、SNS上で反響を呼んだのは記憶に新しい。

この三者の意外な顔合わせにより、一体どういった楽曲が収録されるのかが話題となっていたが、ついにその全4曲がベールを脱いだ。同時にリード曲となるM①『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』のミュージックビデオも公開され、この異色作の全貌が明らかとなった。

「初めてBiSHさんのライヴを観に行った時、ラストの頃にはもう「絶対この人に自分の曲で歌ってもらおう」と決めていました。それがアイナ・ジ・エンドさんです。ロッキンなサウンド上で熱くパンキッシュなステージングを見せる彼女に、あえて全く違うリッチなEDM〜R&Bマナーで歌ってもらいたいと思ったんです。ラップにも絶対トライしてもらいたかった。その時にもうハッキリと今回の様なストリート・ダンスのイメージもありました。」TeddyLoid

『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』は「アッパーでフロア直撃」することを念頭に、楽曲自体はLUNAとTSUGUMIからなる女性ヒップホップ〜R&Bデュオ、MaryJaneと共作。そして、そのミュージックビデオもLUNAがディレクターを務めるストリート・ブランド、ViiDAの監修によりダンサブルに仕上げられている。アイナ・ジ・エンドが今春のトレンドとなるという、大胆な「お腹出し」を披露したスタイリングはLUNAが担当し、振付もViiDAの共同オーナー兼ダンサー〜コレオグラファーのNazukiが手掛けている。

TeddyLoid – TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH) (Black & Chrome Edition)

勿論BiSHでも様々なダンスやステージングを披露しているアイナ・ジ・エンドだが、バック・ダンサーを従え、ここまで振り切った最新のストリート・ダンスにトライするのは初めて。TeddyLoidが当初からイメージしていた、BiSHとの『ギャップ』を見せることに成功している。

「TeddyLoidさんとKOHHさんの”Break’em all feat. KOHH”を聴いて、迫り来る熱量と凶悪感が滲み出てくる感じが本当に大好きだったので、初めてのソロワークスをTeddyLoidさんとご一緒できて、とても嬉しかったです。MV撮影は、初めてコレオグラファーの方がついてくださったりして、最初は緊張がやばかったです…!アドリブでダンスをやらせていただくところも多々ありました。憑依して踊れたので、BiSHのアイナ・ジ・エンドとはまた違う一面を是非見てほしいです!」アイナ・ジ・エンド (BiSH)

このリード曲『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』のミュージックビデオ(監督:コヤマタイガ)は、メディアレーベル「lute(ルーテ)」とTeddyLoid自身の公式YouTubeチャンネルで、2パターンが同時公開。後者はTeddyLoidらしいモノトーン仕上げとなっている。

『TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH)』が仕上がってから、予定にはなかったものの、TeddyLoidの強い要望により急遽追加レコーディングされた、やはりMaryJaneとの共作曲であるM②『SHOUT IT OUT feat. アイナ・ジ・エンド(BiSH) & Kダブシャイン』では、子供の頃からの憧れであった日本のヒップホップ・レジェンドの降臨も実現。

そしてM④『MONSTERS (TeddyLoid Remix)』ではレーベルの垣根を越え、まずはBiSHファンの為にと制作された名曲のリミックスも収録。次々とアイデアを具現化しているTeddyLoidらしく、今回もデジタルEPとは思えない程の熱量が放つ作品集となっている。

Kダブシャインコメント

若い才能から過去に刺激を受けた、と言われることほど光栄なことはない。複数のジェネレーションが混ぜ合わされて生まれる化学反応は、恐ろしく危険だ。

■アイナ・ジ・エンドコメント

BiSHのアイナ・ジ・エンドです。
TeddyLoidさんとKOHHさんの”Break’em all feat. KOHH”を聴いて、迫り来る熱量と凶悪感が滲み出てくる感じが本当に大好きだったので、初めてのソロワークスをTeddyLoidさんとご一緒できて、とても嬉しかったです。

MV撮影は、初めてコレオグラファーの方がついてくださったりして、最初は緊張がやばかったです…!

アドリブでダンスをやらせていただくところも多々ありました。
憑依して踊れたので、BiSHのアイナ・ジ・エンドとはまた違う一面を是非見てほしいです!

YouTube

TeddyLoid – TO THE END feat. アイナ・ジ・エンド (BiSH) (lute Edition)
https://youtu.be/

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

音楽カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「セーラームーン」25周年を記念してクラシックコンサート開催
Da-iCE、THE RAMPAGE、MY FIRST STORYらが「TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2017」で熱狂ライブ
cero、キリンとコラボしたクラフトビール体験MVに新曲書き下ろし
「セーラームーン」初のクラシックコンサートが開催決定!三石琴乃も声で出演
大原櫻子、広瀬すずの行動にのびっくり!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加