「初恋ゾンビ」の峰浪りょうが、無性愛者の悩みを描く読切でYJに登場

「初恋ゾンビ」の峰浪りょうが、無性愛者の悩みを描く読切でYJに登場

  • コミックナタリー
  • 更新日:2019/08/22

本日8月22日に発売された週刊ヤングジャンプ38号(集英社)には、同誌の40周年を記念した読み切り連弾企画第3弾として、「初恋ゾンビ」の峰浪りょうによる読み切り「color」が掲載されている。

No image

週刊ヤングジャンプ38号

「color」の主人公は企業用の広告マンガを描く傍ら、出版社にマンガの持ち込みを続ける青年・厚樹。担当編集者から「君の描くマンガには色が感じられない」と評される厚樹は、生まれつき他人に対して恋愛感情や、性的な欲求を感じることがまったくない無性愛者で、人が喜んだり尊んだりするもののよさがわからないという悩みを持っていた。そんなとき少年時代の親友から7、8年ぶりに電話がかかってきたことから物語は動き出す。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

漫画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
花ゆめ発の全寮制青春グラフィティ「マオの寄宿學校」1巻
「幸色のワンルーム」松葉瀬の過去を描く外伝1巻、オール描き下ろしで登場
“最後にして最大”となる「進撃の巨人展FINAL」の巡回展が大阪のひらかたパークで開幕
秒速で笑えるマンガ『さなぎ?』ボンレスマム|かわベーコン
生徒会長はパンツを脱いで時をかける少女!秘密を知った男子が振り回されるラブコメ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加