国道3号の大幅改修始まる 熊本市、地震で路面が沈下

  • 西日本新聞
  • 更新日:2016/12/01
No image

熊本地震で路面が沈下し、通行に危険が生じている熊本市の国道3号で、大規模な改修工事が始まった。北区の4車線区間約2キロと南区の4車線区間約4キロで、来年2月に完成予定。総工費約20億円を見込む。

国土交通省熊本河川国道事務所熊本維持出張所によると、北区の約2キロは1960年代に開通。ひび割れや凹凸が生じ、路面の下から幅3メートル、高さ3メートルの水路跡などが見つかった。70年代から2005年にかけて整備された南区の約4キロでは、路面下に埋設された複数の水路が浮き上がっている。

工事は夜間に一部車線を閉鎖して行う予定で、通行できる。熊本維持出張所の古賀尚永所長は「調査に予想以上に時間がかかった。両区間は1日約5万台が通行する重要幹線であり、迅速に復旧させたい」と話している。

=2016/12/01付 西日本新聞朝刊=

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「夢の原子炉」もんじゅ廃炉へ、内部の様子は今
担任が生徒を『○○菌』...“原発いじめ”に小倉が本気で怒り
千葉大医学部生3人の実名公表、新たに医師逮捕
【報ステ】大分県佐伯市で2歳女児が行方不明
【報ステ】作業員のひじが...福島第一原発で注水停止
  • このエントリーをはてなブックマークに追加