大阪桐蔭コールド勝ち!西谷監督評価◎決勝は履正社

大阪桐蔭コールド勝ち!西谷監督評価◎決勝は履正社

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2017/10/11
No image

近大付対大阪桐蔭 7回5安打1失点に抑えた大阪桐蔭の先発・横川凱投手(撮影・磯綾乃)

<高校野球秋季近畿地区大会大阪府予選:大阪桐蔭8-1近大付>◇準決勝◇万博

大阪桐蔭が準決勝で近大付を7回コールドで下し、4年連続の秋季近畿大会出場を決めた。決勝の相手は履正社に決まった。

相手先発の注目左腕・大石晨慈(しんじ)投手(2年)を序盤に打ち崩し、投げては先発の横川凱投手(2年)が7回を5安打1失点に抑えた。

府予選中に愛媛国体をはさみ、新チームのメンバーも一時国体組と残留組に分かれた。西谷浩一監督(48)は「一緒に練習できたのは昨日の1日だけでしたけど、ここを乗り越えられたら大きい」と評価した。

14日に行われる府予選決勝は、履正社と対戦する。今春センバツの決勝、夏の大阪大会準決勝で当たった相手。いずれも勝利したが、西谷監督は「大阪で勝つためには避けて通れない相手。研究をしっかりやりたい」と気を緩めない。主将の中川卓也内野手(2年)は「意識しすぎたら駄目なので、目の前の相手に向かいたい」と一戦必勝を誓った。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

高校野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
慶応、初戦突破でセンバツ前進 1年生・善波が“予想外”1号
智弁和歌山・高嶋監督、両軍合わせて31安打の乱打戦に苦笑い「勝った気がせえへんね」
今春センバツ準V・履正社 近畿大会1回戦敗退で来春センバツは絶望的
國學院栃木vs市立川越
高校野球ドットコム
創志学園(岡山)編「創立7年余りで全国クラスの強豪へ 創志学園のつながり!」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加