東京五輪で3祝日移動 改正五輪特措法が成立

東京五輪で3祝日移動 改正五輪特措法が成立

  • 産経ニュース
  • 更新日:2018/06/14

2020(平成32)年東京五輪・パラリンピックでの輸送、警備の円滑化を目的とした改正五輪特別措置法が13日、参院本会議で可決、成立した。「海の日」(7月第3月曜日)を五輪開会式前日の7月23日、「体育の日」(10月第2月曜日)を開会式当日の7月24日、「山の日」(8月11日)を閉会式翌日の8月10日に移し、都内の渋滞を緩和する。

各国の選手や要人の移動が増える期間を休みにし、交通規制や警備をしやすくする狙いがある。土曜、日曜を含めると開会式前後は4連休、閉会式前後は3連休となる。平成33年以降は通常の祝日に戻す。

禁止薬物使用を取り締まる初の国内法となるドーピング防止法や、「体育の日」を32年から「スポーツの日」に名称変更する改正祝日法、「国民体育大会」の名称を35年から「国民スポーツ大会」に改める改正スポーツ基本法も成立した。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
新潟県知事選、花角陣営選対幹部が流した相手候補への悪質なデマについて選対幹部と花角新知事を直撃
自民・小泉進次郎氏「政策」で存在感 総裁選の「リトマス試験紙」の側面も
【平成30年史 政界再編(3)】細川政権263日で退陣...「小沢一郎氏VS武村正義氏」今なお残る怨念 税率7%の腰だめ発言、細川護煕氏「これはまずい」
立川市議選 28人の顔ぶれ決まる、女性は7人
「官僚は安倍官邸の下僕と化した」片山善博×前川喜平
  • このエントリーをはてなブックマークに追加