<広島東洋カープ 薮田和樹 スペシャルインタビュー>初心を忘れず、結果にこだわって投げていきたい

<広島東洋カープ 薮田和樹 スペシャルインタビュー>初心を忘れず、結果にこだわって投げていきたい

  • J SPORTS
  • 更新日:2018/02/14
No image

2017年、黒田博樹が引退し、エースとして期待されたジョンソンが開幕直後に離脱するなど、先行きが不安視された先発投手陣だったが、プロ入り3年目の薮田和樹の才能が開花。プロ入り最多となる15勝を挙げ、初のタイトルとなる最高勝率も獲得。リーグ連覇に大きく貢献した。今年、先発ローテの柱としての期待がかかる右腕に話を聞いた。

No image

― 昨年はキャリアハイの成績を残され、飛躍の1年になったと思います。何が一番自信になりましたか。

薮田  先発として完投できたことです。自分の力でも9回を投げきれることが分かったので、今年も最低でも7回、そしてその先の完投を目指して投げていきたいです。あと、球種でいくと、ストレートとツーシーム以外に、カットボールも、“一軍の舞台で使える”良い手応えを感じることができました。カットボールを投げて狙い通りに内野ゴロを打たせることもできましたし、試合で投げるたびに、良くなっていったという感覚です。

―  昨年、1番印象に残っている登板を教えてください。

薮田 菅野さんと投げ合い、初完封を挙げることができた8月12日の巨人戦(マツダスタジアム)です。この日は、得意にしているツーシームの調子がよくなくて、ストレートとカットボールで組み立てた試合だったのですが、そういった状況でも相手打線をゼロに抑えることができたのは大きな自信になりましたね。

― 逆にまだまだレベルアップが必要だと感じたことは。

薮田 ここ一番での勝負強さがまだまだ足りないと痛感しました。(マジック1で迎えた)地元胴上げの期待がかかった試合でも、負けられないクライマックスシリーズでも、先発の登板機会をいただきながら、チームを勝利に導く投球ができませんでした。投手の能力の面でも、まだまだ課題はたくさんありますが、チームの勝利が求められる試合で結果を残すことも今年は追い求めていきたいです。

No image

― 目標にされている投手を教えてください。

薮田 2年間しか一緒にプレーできませんでしたが、黒田さんです。先発ローテの柱として、黒田さんに任せておけば1年間安定した投球をしてくれるだけの存在感・安心感が、監督やコーチ、そしてファンの方のなかにもあったと思いますし、登板に向けた準備においても、毎日誰よりも汗をかいて、入念に準備されていました。また、黒田さんのほうから、僕達若い投手にも話しかけてくださって、そこから会話が生まれて、色んなことを吸収させていただきました。プレーだけではなくて、ユニホームを着ていない時の行動を含めて、すべてがお手本でしたし、将来は、自分も、良い影響力をほかの選手に与えることができるプレーヤーになりたいと思っています。

― 春のキャンプで取り組んでいきたい課題を教えてください。

薮田 まずは全球種の精度をあげていくこと。もう一つは、このオフに取り組んできたシュートをキャンプで試してみて、試合で使えるか使えないかを判断していきたいです。シュートに取り組もうと思ったきっかけは黒田さんのツーシーム。2年前に握りを教えてもらったのですが、その時は自分に合わなかったので断念していました。ただ、今年先発として投げていくうえで、厳しく打者の内角を突く球も必要になってくると思ったので、新たに取り組むことにしました。あとは、自分を含めて若い投手で先発ローテを争っていければチームの力もあがっていくと思うので、今年はその争いの中心にいる選手でいたいですね。

No image

― オープン戦の登板ではどんなことを意識していきたいですか。

薮田 まだ4年目ですし、昨年はたまたま結果が出ただけなので、初心を忘れてはいけない立場だと思っています。開幕から一軍の先発ローテーションに入れるように、とにかく結果にこだわって投げていきたいです。

― 今年、先発として投げていくうえで、意識していきたい数字を教えてください。

薮田 投球回数と防御率です。昨年の15勝は、打撃陣の援護がないとつかなかったものですし、自分のあとに投げたリリーフ陣の支えもあってのものなので、それを考えると勝ち星は自分一人の力だけで伸ばしていける数字ではないと思っています。ただ、イニング数と防御率は、自分でコントロールできるものなので、今年はそこにこだわっていきたいです。170イニングは投げて規定投球回数をクリアしたいですし、防御率は2点台前半を目指してやっていきたいと思っています。

― 3月30日の開幕戦の先発マウンド、狙っておられますか。

薮田 キャンプが始まってからの話になってくると思いますが、狙えるチャンスがあるなら狙っていきたいですね。

― 今年、対戦が楽しみな他球団の打者を教えてください。

薮田 一人は筒香さん(横浜DeNA)。コースを少しでも間違えたらホームランになる打者なので、筒香さんを迎えると、緊張感が高まり、いい意味で、ギアが一段階あがります。もう一人挙げるなら山田哲人(東京ヤクルト)。同級生ということもありますし、昨年はシーズンを通して調子を落としていましたが、本来の調子の時に自分の力がどれだけ通用するのか気になる打者の一人です。

― 投げ合ってみたい投手はいますか。

薮田 パッと頭に浮かぶのは菅野さん(巨人)ですね。ただ、菅野さんなど各球団のエースと呼ばれる存在の選手と投げ合うには、まずは、対戦カードの頭(初戦)を任されるようにならないといけません。

No image

― 今年も多くのカープファンの方が球場に駆け付けられると思います。ファンの方の大声援、薮田選手はどう力に変えておられますか。

薮田 コントロールがいい投手ではないので、プロ入り当初は、マツダスタジアムで投げるのがいやだったんです。お金を払って見に来ていただいているので当然ではありますが、ストライクが入らないとファンの方のため息が聞こえてきますし、四球から崩れて降板すると厳しい言葉をいただくこともありました。ただ、一昨年くらいから、3ボールになると、ファンの方が拍手や声援を送ってくださるようになり、この応援には、すごく勇気をもらっています。以前は四球でランナーを出すと、やってしまった…という思いが強かったのですが、いまは四球を出しても、次の打者を抑えればいいんだと前向きに捉えることができていますし、攻めの気持ちを忘れずに投げ続けることができています。球場を揺るがす温かい声援は、他球団にはない魅力であり強さだと思うので、本当にいいチームでプレーさせてもらえていると感謝しています。

(ライター:真田一平)

Profile

No image

●やぶたかずき
1992年8月7日生まれ、広島県出身。岡山理科大附属高、亜細亜大を経て2014年にドラフト2位で広島東洋カープに入団。プロ3年目の昨季は15勝3敗、防御率2.58をマーク。勝率8.33で最高勝率タイトルを獲得。今季も先発ローテーションの柱として期待される。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
江夏氏「俺は大の松坂ファンなんだ」中日キャンプ視察で熱烈エール
DAZN参入で「解約者続出」のスカパー、どう生き残る?
阪神、サバイバル“20番勝負”開戦 金本監督「じっくり見させてもらう」
阿部に坂本勇に岡本に吉川尚に!巨人・由伸監督、398本“鬼ノック”
ロッテ藤岡裕1号!開幕遊撃へ 井口監督「誰が見ても抜けている」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加