北川景子主演「家売るオンナ」連ドラで続編放送決定 結婚して大暴れ<家売るオンナの逆襲>

北川景子主演「家売るオンナ」連ドラで続編放送決定 結婚して大暴れ<家売るオンナの逆襲>

  • モデルプレス
  • 更新日:2018/09/25

北川景子/モデルプレス=9月25日】女優・北川景子が主演を務めた日本テレビ系ドラマ「家売るオンナ」(2016)の続編が、2019年1月クールの水曜ドラマ「家売るオンナの逆襲」として放送されることが分かった。

No image

(写真 : 北川景子(C)日本テレビ)

北川景子「怖かった」プライベートでの体験にスタジオ驚愕

同ドラマは、北川演じる天才的不動産屋・三軒家万智(さんげんやまち)が客にとって人生最大の買い物である家を売って売って売りまくる痛快お仕事ドラマ。三軒家の「GO!」「私に売れない家はない!」をはじめとした名セリフや、破天荒でクール、一方でコミカルな演技も話題を集めた。

さらに、台湾、シンガポールやタイなどでも放送され、中国ではリメイク作品の制作が始動するなど、アジアでも人気。2017年にはSPドラマ「帰ってきた家売るオンナ」が放送され、三軒家万智が課長の屋代(仲村トオル)にプロポーズするという衝撃シーンで幕を閉じた。

◆北川景子&仲村トオルが夫婦に

そして、今作では、2人が結婚して夫婦となっていたことが明らかに。どんな夫婦生活を送っているのか、さらに庭野(工藤阿須加)や足立(千葉雄大)をはじめとするテーコー不動産のメンバーは、どのように過ごしているのか?平成最後の冬に「家売るオンナ」が帰ってくる。

続編の放送に、「オリジナルドラマで続編が作られるなんて、今回のお話をいただきとても嬉しかったです。シリーズをご覧下さった皆様のおかげです。ありがとうございます」と喜びと感謝を言葉にした北川。オリジナルメンバーが集まることも明かし、「今回も驚きの方法で家を売って売って、売りまくります。テーコー不動産の皆さんと、平成最後に大暴れしたいと思います」と意気込んだ。

◆「家売るオンナ」続編はパワーアップ

また、北川が「キョーレツなタイトル」という『家売るオンナの逆襲』については、小田玲奈プロデューサーが「なんだかちょっと怖い響きですが、実はこれ、信頼する“ある方”から提案された」と説明。「必ず前作よりパワーアップした「家売るオンナ」を作ることをここに誓います」と宣言しており、脚本家・大石静氏からは「家売るオンナと家買う人、そして相変わらず頼りないテーコー不動産の面々が織りなす抱腹絶倒の物語で、視聴者の皆様も、常識の壁を打ち破って下さい」とメッセージが送られた。(modelpress編集部)

■北川景子コメント

三軒家万智です。

「家売るオンナ」が2年ぶりに連続ドラマで帰ってきます。オリジナルドラマで続編が作られるなんて、今回のお話をいただきとても嬉しかったです。シリーズをご覧下さった皆様のおかげです。ありがとうございます。

キャストの皆さんもオリジナルメンバーが集まってくださるということで、感謝感激です。

今回も驚きの方法で家を売って売って、売りまくります。テーコー不動産の皆さんと、平成最後に大暴れしたいと思います。

ただでさえキョーレツなキャラクターなのに、「家売るオンナの逆襲」というキョーレツなタイトルです。一体どんなことになってしまうのか、一緒に見届けてください。

■脚本家・大石静コメント

第1シリーズが終了して2年。長いものに巻かれていればお気楽という、無責任な風潮に、ニッポンは覆われています。

そんな我々の心を、三軒家万智がぶった斬ります。家売るオンナと家買う人、そして相変わらず頼りないテーコー不動産の面々が織りなす抱腹絶倒の物語で、視聴者の皆様も、常識の壁を打ち破って下さい。

■小田玲奈プロデューサー コメント

「家売るオンナの逆襲」…なんだかちょっと怖い響きですが、実はこれ、信頼する“ある方”から提案されたタイトル。第1シーズンの最終回で姿を消したアノ怪獣が、ついに沈黙を破り再び俗世間に上陸!薄汚れた現代ニッポンを相手に大暴れッ!…そんなイメージで気に入っています。

主演の北川さんは映画やドラマで様々な役柄に挑戦し、より一層輝きを増しています。さらに、お馴染みの出演者も奇跡的に集合できました。この幸運に感謝しつつ、必ず前作よりパワーアップした「家売るオンナ」を作ることをここに誓います!

【Not Sponsored 記事】

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

テレビカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
すい臓がんを早期発見するための「サイン」を紹介『ガッテン!』
千鳥・ノブがHカップの“おっぱいファンタジスタ”と即興漫才『チャンスの時間』10・16放送
異性と「肉体関係」を持ったことがない...相談者に江原啓之が届けた言葉
有吉、生放送で後輩芸人に掴みかかりブチギレ 乃木坂・高山一実ドン引きも視聴者大爆笑
視聴率も微妙!「下町ロケット」に視聴者から批判が殺到しているワケ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加