電波、Wi-Fi、Bluetoothの感度がアップ!? アンテナケース「Firefly」は端末保護も

電波、Wi-Fi、Bluetoothの感度がアップ!? アンテナケース「Firefly」は端末保護も

  • Techable
  • 更新日:2017/12/06
No image

スマホの電波が弱くてネットの通信速度が遅かったり、通話が途中で途切れたりするとフラストレーションがたまるもの。

そこで、電波、Wi-Fi、Bluetoothの感度を向上させるiPhone用ケースが登場した。米国シアトルのスタートアップが開発した「Firefly」だ。

・特許取得済みの技術

No image

Fireflyは見た目、普通のケースだがアンテナを内蔵している。Wi-Fiの感度をあげるケースはこれまでもあったが、Wi-Fiに加え電波、Bluetoothにも対応しているケースは世界初という。

開発元によると、この技術は「スーパーアンテナテクノロジー」として特許を取得済みとのこと。

・世界中の電波をサポート

デモビデオをみると、アンテナが1本しか立たないようなところでFireflyをつけてスマホの接続をリセットすると、アンテナ2本に改善される。世界どこの電波でも感度を上げられるという。

端末保護の役割も担うFireflyはiPhone 6~Xの機種に対応。今ならクラウドファンディングサイトKickstarterで34ドル(約3800円)〜となっている。

出資は来年1月10日まで受け付け、発送は来年4月を予定している。

Firefly/Kickstarter

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
簡単操作でウェブ上にデータベースを作成して視覚的に操作もできる「Airtable」を使ってみた
アマゾンエコーとグーグルホーム、使って分かった「買うならこっち」
「1人で6時間で作った」 Twitterで匿名質問「Peing」人気、月間2億PV超えへ
【2017年まとめ】これからのWeb制作に必要なことと、心構え
50型4Kで4万9800円の液晶テレビが本日発売。直下型LEDパネルや低遅延モード搭載、メイン基板は日本製
  • このエントリーをはてなブックマークに追加