「生命維持装置を外さないで!」両親の訴えが聞き入れられた後、少女の意識が奇跡的に回復する

「生命維持装置を外さないで!」両親の訴えが聞き入れられた後、少女の意識が奇跡的に回復する

  • IRORIO
  • 更新日:2016/11/29

昏睡状態となり生命維持装置を外されそうになった女の子が、その後奇跡的に意識が回復したとして注目されている。

医者が生命維持装置を外す決断をする

その少女とはフランスに住み、アルジェリア人の両親を持つMarwaちゃん(1)。

彼女は9月に神経組織がウィルスに侵される病気にかかり、マルセイユにあるLa Timone Hospitalに入院。その後昏睡状態に陥ってしまう。

No image

Facebook/Jamais sans Marwa

そして2カ月間、目を覚まさなかったため、医者は今後意識が回復したとしても大きな障害が残る可能性もあるとして、生命維持装置の停止を決断したという。

しかしMarwaちゃんの両親はまだ病気との戦いを諦められないとして反対。裁判所に生命維持装置を外さないよう求める訴訟を起こした。

11万人以上が署名を行い支援

さらに両親はネット上で、娘を救うための支援を呼びかける「Jamais sans Marwa」というキャンペーンを展開。

すると多くの人が呼びかけに応じ、11万4000人以上が署名を行ったという。

この結果を受け、裁判所はさらに2カ月間、生命維持装置の使用を延長するよう判決を下し、病院側に治療を続けるよう命令した。

判決の10日後に意識が回復する

そして信じられないことに判決の10日後、Marwaちゃんは奇跡的に意識を取り戻す。

彼女の父親はその様子を撮影し、フェイスブックに投稿。

彼に向かって微笑むMarwaちゃんの姿に感情が溢れだしたかのように「愛する私のMarwa。君が愛しいよ、私の天使。病気と闘うことを続けよう、愛しているよ」と綴っている。

No image

Facebook/Jamais sans Marwa

さらに彼はフェイスブックで「Marwaの器官は正常に機能している」と報告し、支援してくれた人々に何度も感謝の言葉を述べた。

話しかけると笑顔を浮かべる

もっとも意識が回復しても完全に治ったわけではないようだ。それに医者の言葉通り、障害が残る可能性も捨てきれない。

しかし父親は地元紙への取材に対し次のように語っている。

「彼女への治療は続けられています。しかし私たちは毎日状況が良くなっていく姿を見ています。それが多くの希望を与えてくれるのです。話しかけると、彼女は私の声を聞き、反応を示し、時には笑顔さえ浮かべてくれるのです」

皆の協力で生命維持装置が外されず、一命を取り留めた少女。さらに元気に回復していくことを祈りたい。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
反日政治では韓国を養えない
CIAが「超・エスパー中国人」の存在を暴露! 中国は30年前から「超能力」を国家ぐるみで研究していた!
超音速旅行時代の到来。東京・サンフランシスコを4.7時間で結ぶ超音速旅客機が公開される
アレッポ空爆即時停止を=対IS有志連合が外相会議-パリ
紛争続く世界の希望の光に=コロンビア大統領にメダル-ノーベル平和賞授賞式

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加