同級生切りつけた暁星高1年「からかわれたのでカッとなった」学校生活で両親たびたび相談

同級生切りつけた暁星高1年「からかわれたのでカッとなった」学校生活で両親たびたび相談

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/10/18

きのう17日(2016年10月)正午すぎ、東京都千代田区の私立暁星高校で、1年生の男子生徒(16)が同級生と口論になり、折りたたみナイフで2人の生徒の胸や肩などを切りつけ、仲裁に入った男性教諭(49)も左手の指を切られた。男子生徒は傷害容疑で現行犯逮捕された。3人とも1週間から10日間のけがだった。

逮捕された生徒は「2人にからかわれたのでカッとなってやった。ナイフは家から持ってきた」といっている。

サッカー前田遼一、北大路欣也、香川照之、松本幸四郎ら卒業

学校によると、この生徒は中学から入学し、これまで休学や処分はなく、どちらかといえば言葉数が少ない方のタイプだという。ただ、両親が学校に何度か相談に来ていた。神田信之副校長は「学校生活のことや、将来的に大丈夫なのか、そういうことを相談されていました」と話す。それを受け、「なかなか自分のことを伝えるのが上手でない生徒なので、思っていることを吸い上げるように接してほしいと他の教師に指示していました」という。

暁星高校は中高一貫の男子校の進学校で知られる。毎年、東京大に10人以上、早慶にも100人以上合格している。サッカーは「校技」で、全国大会にもしばしば出場している。出身者にもサッカーの元日本代表の前田遼一、俳優の北大路欣也、香川照之、歌舞伎役者の松本幸四郎(九代目)、市川猿之助(四代目)らがいる。

名門校のブランド手放すことができなかった

司会の加藤浩次「こういった事件では、名門校なのになぜ、と言われますが、名門校とは関係なく、事件の背景に何があったのかがポイントだと思いますが」

ロバート・キャンベル(東京大教授)「どこの学校でもあり得ることですよね。背景にいじめがあったのか、進路について悩みがあったのか。学校の外の専門家のカウンセラーなどのケアが必要ではなかったのか」

湯山玲子(著述家)「私は名門校ならではの事件だと思います。別の学校に転校する道もあったのに、暁星のカードを持ってしまったので、親も含めそれを放すことができなかった。それが背景になったと思います」

一ツ石

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
原発事故避難児童いじめ問題で校長が謝罪
また鳥インフル 水戸市でも オオハクチョウから
女性の足の裏を20分間ベロベロ!『足なめ男』の不気味な手口にご用心
福島から避難 教諭が児童を「菌」と発言
成宮寛貴、薬物疑惑よりも200万円のバーキンでキメたファッションにクギ付け
  • このエントリーをはてなブックマークに追加