ペイシャフェリス少頭数大チャンス/ニューイヤーS

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/14

<柏山自夢・MyDream:ニューイヤーS>

国民栄誉賞受賞が決まった羽生善治竜王(将棋)、井山裕太7冠(囲碁)の特集番組に見入った。頭をよぎる常識的発想と戦い、最善手を探求する姿勢が両者の共通点。刺激を受けた。

◆京都3R 常識的発想を打ち破り(?)、前走12着のジョーダンヒロインに◎。今週は栗東Cウッドで5ハロン66秒1-12秒0。馬力がありダートで一変がある。半兄ジョーダンキングは芝のデビュー戦で10着、次走でダートに転戦し2着と一変している。◎も今回が狙い目だ。単複(16)。馬連(16)-(14)(6)(10)(1)(3)(12)(15)。

◆中山10RニューイヤーS 最高級の◎ペイシャフェリスは平均ペースに強く、12頭以下の少頭数では【2 2 0 2】。テンで競った前走ターコイズS(9着)を受け、行きっぷりも違うだろう。大チャンス。単勝(8)。馬連(8)-(6)(2)(10)(3)(9)。(大阪駐在)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

今、話題のニュース

グノシーで話題の記事を読もう!
ありえねえ!150年前のスフィンクスの写真に「ありえない日本人」が居ると話題に
小室、釈明にKEIKO「分かったよん」 どこまで理解できているのかは...
「白戸家」竹内涼真の履歴書がヤバイ 記載された番号に電話をかけたところ...
小室哲哉「疲れ果ててしまった」 妻・KEIKOは「女性というより女の子に」
行方不明の田中蓮ちゃんか 福井・九頭竜川で遺体
  • このエントリーをはてなブックマークに追加