巨人・田口が2失点完投で10勝目 阿部が逆転二塁打で通算2000安打まであと2本

巨人・田口が2失点完投で10勝目 阿部が逆転二塁打で通算2000安打まであと2本

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2017/08/11

(セ・リーグ、広島2-9巨人、18回戦、広島13勝5敗、11日、マツダ)巨人が首位・広島を相手に快勝。0-2で迎えた五回、4番・阿部が左翼線に走者一掃の二塁打を放ち、逆転に成功。その後は効果的に点を重ねた。先発の4年目左腕・田口は8安打2失点で完投し、2年連続2桁勝利となる10勝目(2敗)を挙げた。

先制したのは広島。四回に4番・鈴木が左越え25号2ランを放った。巨人は五回、二死満塁から4番・阿部が左翼線に走者一掃の逆転二塁打。その後、5番・村田の右前適時打、7番・亀井の右中間を破る適時二塁打、さらに9番の投手・田口の左前適時打。この回一挙6点を奪い、六回にも3点を追加した。

この日の阿部は4打数1安打3打点、1四球。七回の守備からベンチに下がり、通算2000安打まであと2本とした。

「山の日」に行われた広島戦。巨人のユニホームなどを運搬する車両が渋滞によって遅れたため、試合開始時間は当初の午後6時から30分遅れた。

◆10勝目を挙げた巨人・田口の話「先制されて非常に苦しかったんですけれど、頼もしい先輩方が打ってくれて、なんとか自分も2点で抑えて良かったです」

No image

7回、広島・新井を三ゴロに打ち取りグラブを叩く巨人・田口=マツダスタジアム(撮影・鳥越瑞絵)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロ野球カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
西武山川、中日福田、オリ吉田...覚醒した「和製大砲」の底知れぬ実力
盛岡大付3番植田2打席連発、両軍5発の乱打戦制す
8強出揃う!盛岡大付・植田2発!広陵・中村V弾
三本松(香川)日下 広太監督、初の日本独立リーグ出身指揮官として聖地へ!
“投手の打球とは思えない”本塁打 阪神・秋山拓巳は“投手最強の左打者”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加