Kavli IPMU、超新星爆発の名残「かに星雲」のサイズ測定に成功

Kavli IPMU、超新星爆発の名残「かに星雲」のサイズ測定に成功

  • マイナビニュース
  • 更新日:2019/11/15

東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙研究機構(Kavli IPMU)は11月15日、西暦1054年に観測された超新星爆発の名残で、地球から約7000光年に位置する「かに星雲」が放つ超高エネルギーガンマ線の空間的広がりの測定に成功したことを発表した。

同成果は、Kavli IPMUの高橋忠幸 主任研究者が日本代表の1人を務める国際共同実験プロジェクト「H.E.S.S.チーム」によるもの。詳細は

外部サイトで読む

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加