山崎育三郎モーツァルト役「ゼロからこのチームで」

山崎育三郎モーツァルト役「ゼロからこのチームで」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/02/15
No image

ミュージカル「モーツァルト!」の制作会見に出席した、左から生田絵梨花、平野綾、山崎育三郎、古川雄大、木下晴香

山崎育三郎(32)古川雄大(30)がダブルキャストで主演するミュージカル「モーツァルト!」(5月26日~6月28日、東京・帝国劇場)の制作会見が15日、都内で行われた。

3回目のヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト役となる山崎は「稽古場から誰もが裸になれる空間を作りたい。ゼロからこのチームでやっていくんだという思いでやっていきたい」と、初参加メンバーへの気遣いを見せた。10年に初めて演じた時は、再演チームの中に入ったため、稽古のテンポも速く、会話する余裕もなかったと振り返った。

互いの印象を聞かれ、古川から「いつも山崎育三郎でいて、輝いている。いつもスイッチが入っていてオン」と言われた山崎は「(古川は)常にオフだよね」と苦笑い。しかし、何年も前から、古川がヴォルフガング役を射止めると伝えていたことも明かし「ストイックでまじめ。舞台に立つと華がある」と、古川の魅力を語った。

妻コンスタンツェをトリプルキャストで演じる平野綾(30)乃木坂46生田絵梨花(21)木下晴香(19)も出席した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

プロフィールを見る

芸能カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
泰葉が自己破産、実家からは門前払い
眞子さまと婚約者の「結婚延期」に借金トラブル被害者が胸中告白
ドリカム中村 「ご挨拶」での不満の声受け謝罪「全ては私の至らなさ」
かつては女子アナの花形だったのに...五輪取材の過酷な環境
「震災義援金4億円」サンドウィッチマン・伊達の“心配な言動”とは?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加