日経平均は21円高で後場スタート、中国経済の減速懸念が後退も米テレビ討論会を意識

日経平均は21円高で後場スタート、中国経済の減速懸念が後退も米テレビ討論会を意識

  • FISCO
  • 更新日:2016/10/19
No image

株式会社フィスコ

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;16985.03;+21.42TOPIX;1356.93;+0.36

[後場寄り付き概況]

日経平均は前引け値から若干上げ幅を縮めて始まったが、その後は17000円に接近する格好。ランチタイムの225先物は16970-16990円とのレンジ内でのこう着であり、商いは薄い。昼のバスケットは小幅に売り越しとの観測。円相場は1ドル103円80銭辺りで横ばい推移している。注目されていた中国7-9月GDPは前年同期比6.7%増となった。1-3月期から2期続けて横ばいだったが、市場予想と一致したことにより、中国経済の減速懸念が後退する格好。一方で、米大統領選の候補者による第3回テレビ討論会も予定されており、ドル円相場に影響を与える可能性もあるため、方向感を掴みづらくさせている。セクターでは水産農林、その他金融、小売、精密機器、情報通信、証券、繊維、建設が上昇。半面、鉱業、保険、輸送用機器、海運、ゴム製品、非鉄金属が冴えない。

<WA>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

経済カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ユニクロに1年潜入取材してみた!
ユニクロで名字変えバイトしていたジャーナリスト、潜入ルポ発表後にいつも通り出勤 解雇を言い渡される
Pokemon GOに追加の「第2世代ポケモン」、詳細は12月12日(米国時間)に発表へ
脱ぐとき凄かった。サソリの脱皮シーンを早回しで(節足動物注意)
米国の新たな法律により、コードのクルマが2017年に復活
  • このエントリーをはてなブックマークに追加