最新ランキングをチェックしよう
伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2016/11/29

イビサの天日塩は、世界遺産に指定されているクリスタルのように透き通ったイビサ島の海水からつくられています。地中海の白い楽園と呼ばれるイビサ島では2800年以上前から塩が生産されており、現在でも島の南側にある「セス・サリーナズ」という広大な塩田で天日干しをしてから、昔ながらの石臼で丁寧に粉砕するという伝統的な手法で完全無添加の塩が生産されています。塩田の近くには塩の山があるので、散歩がてらに歩いて見

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
精神科医が語る!「寝る前2時間」で人生は決まる
坂口杏里に歌舞伎町ホスト「“客減らし”と呼ばれてた」
研究で判明!「今すぐキスしたほうがいい」8つの理由
結局、人間関係の問題はすべてこの理論に帰結する
「1万円札3枚を35,500円で売ります」メルカリに出品される「現行紙幣」に潜む闇
  • このエントリーをはてなブックマークに追加