最新ランキングをチェックしよう
伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2016/11/29

イビサの天日塩は、世界遺産に指定されているクリスタルのように透き通ったイビサ島の海水からつくられています。地中海の白い楽園と呼ばれるイビサ島では2800年以上前から塩が生産されており、現在でも島の南側にある「セス・サリーナズ」という広大な塩田で天日干しをしてから、昔ながらの石臼で丁寧に粉砕するという伝統的な手法で完全無添加の塩が生産されています。塩田の近くには塩の山があるので、散歩がてらに歩いて見

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【会社に反撃】短パン姿で出勤したら「着替えてこい」と怒られた青年 → 法律を逆手に取って “お洒落なワンピ” で職場に戻って仕返しに成功!
「買ってはいけない激安家具」の裏事情
高級感のあるお店で決して100均グッズが使われない理由
普段使わない表現ばっかじゃねえか! 「うんこ漢字ドリル」から考案した架空の教材「中二病漢字ドリル」がゾクゾクする
何も食べずに宇宙エネルギーだけで生きる「ブレサリアン」を貫く夫婦(アメリカ)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加