伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2016/11/29
No image

伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

イビサの天日塩は、世界遺産に指定されているクリスタルのように透き通ったイビサ島の海水からつくられています。地中海の白い楽園と呼ばれるイビサ島では2800年以上前から塩が生産されており、現在でも島の南側にある「セス・サリーナズ」という広大な塩田で天日干しをしてから、昔ながらの石臼で丁寧に粉砕するという伝統的な手法で完全無添加の塩が生産されています。塩田の近くには塩の山があるので、散歩がてらに歩いて見て回るのも面白いです。冬場はフラミンゴが生息しているのでバードウオッチングもできます。

No image
No image

純粋な自然海塩であるイビサの塩には80種以上の天然ミネラルが含まれているので、食事やバスソルトとして使用すると、これらのミネラルを体中から吸収することができます。すごく美味しいのでお土産にお薦めです。

No image

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
「この老夫婦、40年前の姿が想像できたら神だと思う...」孫が見たら仰天しそうな写真
その手があったか!「コンドームエッチ」で気持ち良くなる方法3つ
人をダメにする着る毛布「ダメ着」のニューバージョンが完全にダメなやつ / 頭から足まですっぽり包まれて着たままトイレもできる!
貴方の職場にも必ずいる!『二流すぎるアホ上司』の3大特徴はこれだ!
リーダーになってはいけない人の3つの特徴
  • このエントリーをはてなブックマークに追加