最新ランキングをチェックしよう
伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

伝統的なイビサの塩田「セス・サリーナズ」

  • 地球の歩き方特派員ブログ
  • 更新日:2016/11/29

イビサの天日塩は、世界遺産に指定されているクリスタルのように透き通ったイビサ島の海水からつくられています。地中海の白い楽園と呼ばれるイビサ島では2800年以上前から塩が生産されており、現在でも島の南側にある「セス・サリーナズ」という広大な塩田で天日干しをしてから、昔ながらの石臼で丁寧に粉砕するという伝統的な手法で完全無添加の塩が生産されています。塩田の近くには塩の山があるので、散歩がてらに歩いて見

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

コラム総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ファーストキスよりも刺激的...!55%の日本人女性が感動したあの体験
君はどのタイプ? トイレ中に人感センサーの照明が消えてしまったときの行動一覧に意見割れる
元風俗嬢と結婚する男の心理は今も昔も変わらない?
【驚愕】スウェーデンの母親が、娘から砂糖を断ってみた結果→娘に衝撃的な変化が!
男性20人に1人の「色覚異常」、知りたかった「見え方の違い」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加