FPSもRPGも超快適! i9-9900KF&RTX 2070ゲーミングPCが高コスパ

FPSもRPGも超快適! i9-9900KF&RTX 2070ゲーミングPCが高コスパ

  • ASCII.jp
  • 更新日:2019/06/14
No image

「SR-ii9-8860H/S7/GP」

CPUに「Core i9-9900KF」(以下、i9-9900KF)を搭載したパソコンショップ SEVENのゲーミングパソコン「SR-ii9-8860H/S7/GP」(なお、SR-ii9-8860H/S7/GPはOSレスモデルで、Windows 10 Home(64bit)搭載モデルは「SR-ii9-8860H/S7/GP/W10」)。GPUには「GeForce RTX 2070」(以下、RTX 2070)を採用しており、高いゲーミング性能が期待できるが、果たしてどの程度快適にゲームをプレーできるのだろうか。

そこで、SR-ii9-8860H/S7/GPのポテンシャルを推し量るべく、実際のゲームを含めていくつかのテストを実施してみたい。

4K解像度でも高いパフォーマンスを発揮 コンテンツ制作用途でも期待できる性能

SR-ii9-8860H/S7/GPにおいて、やはりゲームパフォーマンスの鍵となるのはCPUのi9-9900とGPUのRTX 2070である。そこで、まずは基本的なグラフィックス性能が計測できる「3DMark」(Version 2.8.6578)の結果から見ていこう。

No image

3DMarkの結果

Fire Strikeのスコアは20452と高く、4K解像度でのテストとなるFire Strike Ultraでも5314と、かなり良好な結果を残している。DirectX 12のテストであるTime Spyでも、SR-ii9-8860H/S7/GPは9032と十分高いパフォーマンスを発揮しており、DirectX 12対応ゲームであっても快適にプレーできそうだ。

なお、3DMark実行時に加えて、30分間放置したアイドル時の消費電力を「Watts up?PRO」で測定してみたところ、SR-ii9-8860H/S7/GPは341Wと、定格出力750Wの電源ユニットを搭載していることを考慮すると、電源ユニット的にはかなり余裕を持った構成であるといえる。

No image

消費電力

では、実際のゲームでのパフォーマンスはどの程度なのだろうか。「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」を実行した結果が以下のとおりとなる。なお、グラフィックス品質には、最も描画負荷が高くなる最高品質を選択している。

すると、1920×1080ドットでは17672とかなり高いスコアを発揮し、3840×2160ドットでもスクウェア・エニックスの指標で最高評価となるスコア7000を超えている点は注目に値する。平均フレームレートと最小フレームレートの結果をみても、1920×1080ドットなら常時60fpsに近いパフォーマンスが得られているほか、3840×2160ドットであれば平均フレームレートが50fps弱と、快適にプレーできることは間違いない。

No image

「ファイナルファンタジーXIV: 漆黒のヴィランズ ベンチマーク」の結果

No image

フレームレート

さらに、人気を博しているバトルロイヤルゲーム「Apex Legends」のパフォーマンスも確認してみよう。今回は実際にゲームをプレーし、1分間の平均フレームレートと最小フレームレートを「Fraps」(Version 3.5.99)で取得した。なお、オプション設定は描画負荷が最も大きくなるように高めている。

まず、1920×1080ドットでは最小フレームレートが138fpsと高いスコアを発揮。最近はApex LegendsのようなFPSやTPSユーザーを中心に、1フレームでも多く表示できる高リフレッシュレートの液晶ディスプレーの需要が高い。SR-ii9-8860H/S7/GPは、1920×1080ドットであれば、そういった需要を満たすパフォーマンスを備えているといってよいだろう。また、3840×2160ドットでも、最小フレームレートが60fpsに後わずかのところまで迫っており、ゲームの快適性に疑いの余地はない。

No image

Apex Legendsのフレームレートを計測

クリエイティブ要素でも活躍してくれる性能

さて、SR-ii9-8860H/S7/GPのゲーム以外のパフォーマンスも確認しておきたい。そこで、システムの総合性能が評価できる「PCMark 10」(Version 2.0.2115)の結果は下記のとおり。なお、無償版でも利用できるPCMark 10“無印”を実行している。

No image

PCMark 10の結果

SR-ii9-8860H/S7/GPの総合スコアは6249とまずまずだが、なかでもコンテンツ制作における性能を測るテストグループであるDigital Content Creationのスコアが10124と非常に高い。つまり、SR-ii9-8860H/S7/GPは、ゲームだけでなく画像や動画の編集や加工といったクリエイティブ用途でもかなり期待できるパフォーマンスを備えているといってよさそうだ。

最後に「CrystalDiskMark 6.0.2」を用いて、SSDのパフォーマンスをチェックしておきたい。結果は下記に示すとおりだが、やはりシーケンシャルリード性能が高めで、ゲームのロードなどの時間短縮が期待できそうだ。

No image

CrystalDiskMark 6.0.2の結果

仕様と性能を踏まえるとお買い得感は高い ゲームの快適性は申し分なし

No image

以上のテスト結果から分かるとおり、SR-ii9-8860H/S7/GPのゲームパフォーマンスはかなり高めだ。しかも、4K解像度でも快適にゲームをプレーできるポテンシャルを備えている点は評価できる。また、解像度を1920×1080ドットに落とせば、Apex Legednsのようなeスポーツタイトルを高フレームレートでプレーし、1フレームでも多く描画し有利に立ち回るといったことも可能だ。

価格はOS込みで22万9824円(6月13日現在)からと安価とまではいかないまでも、このスペックとパフォーマンスを踏まえると、かなりお買い得感は高い。“ゲームの快適性”を重視するのであれば、このSR-ii9-8860H/S7/GPは十分オススメできる1台であることは間違いない。

■関連サイト

製品情報

パソコンショップ SEVEN

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ネットに足跡を残さない!スマホから匿名でブラウジングする方法
きわめて危険、しかも違法な携帯の充電方法
前後フルHD録画できるドラレコ付き電子ルームミラーを発売
最近、クルマのタイヤの“ある変化”に気づいてますか?
HDDからSSDに変えるだけで処理速度が大幅アップ! SSD売れているメーカーTOP5!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加