ペイトリオッツとイーグルスがカンファレンス決勝へ、NFLプレーオフ

ペイトリオッツとイーグルスがカンファレンス決勝へ、NFLプレーオフ

  • AFPBB News
  • 更新日:2018/01/14
No image

17NFL、プレーオフのカンファレンス準決勝、ニューイングランド・ペイトリオッツ対テネシー・タイタンズ。タッチダウンを喜ぶニューイングランド・ペイトリオッツのトム・ブレイディ(2018年1月13日撮影)。

【AFP=時事】17NFLは13日、プレーオフのカンファレンス準決勝が行われ、前年王者ニューイングランド・ペイトリオッツは35-14でテネシー・タイタンズに快勝し、スーパーボウル進出まであと1勝に迫った。一方、ペイトリオッツに昨季のスーパーボウルでまさかの敗戦を喫したアトランタ・ファルコンズは、フィラデルフィア・イーグルスに10-15で敗れ、雪辱の機会を手に入れることはできなかった。

ペイトリオッツのスーパースター、QBのトム・ブレイディは、7季連続のカンファレンス決勝進出を果たし、また一つ記録を打ち立てた。チームは次戦、ジャクソンビル・ジャガーズ対ピッツバーグ・スティーラーズの勝者と対戦する。

試合前にペイトリオッツは、ブレイディとビル・ベリチックヘッドコーチ(HC)、そしてロバート・クラフトオーナーによる対立と抗争の内幕を描き出したESPNの暴露記事が報じられ、チームには緊張が走っていたが、ブレイディはこれまでのやり方を変えるつもりはないし、勝利に満足していると強調した。

ブレイディは「今まで通り、フィールドへ出て毎週チームのために全力を尽くすことだけを考えている。自分がリーグ最低のQBだろうが、最高だろうが、そこそこだろうが関係ない。私の仕事は毎週ベストを尽くすこと。きょうは優れたチームが勝った。来週も良い試合をする必要がある」と語った。

もう1試合では、イーグルスがファルコンズとの接戦を制した。極寒のリンカーン・フィナンシャル・フィールドで、前半にルギャレット・ブラントがタッチダウンを決めると、新人キッカーのジェイク・エリオットが3本のフィールドゴールで追加点を挙げ、勝利を手にした。

第1シードのイーグルスは、ミネソタ・バイキングスかニューオーリンズ・セインツと、2月4日のスーパーボウル進出をかけて次戦もホームで対戦する。【翻訳編集】AFPBB News

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
サンチェスのマンU移籍の鍵を握る選手とは? 代理人が「彼の決断次第」
アーセナル、12年在籍のFWがエバートン移籍へ。すでに現地入りか
大金を稼いだのに破産...米スポーツ選手の“異常”な金銭感覚
43歳MF伊東輝悦が現役続行、J3沼津と契約更新「さらなるレベルアップを」
フィギュアスケート金メダリスト「オリンピックは逃げ出したいのがノーマル」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加