「世界で最も外国人客嫌い」の5カ国とは―露メディア

「世界で最も外国人客嫌い」の5カ国とは―露メディア

  • レコードチャイナ
  • 更新日:2017/09/15
No image

「世界で最も外国人客嫌い」の5カ国とは―露メディア

露通信社スプートニクは13日、アフガニスタン、北朝鮮、ソマリア、シリア、トルクメニスタンの5カ国は「世界で最も客嫌いな国」のリストに入っていると伝えている。資料写真。

2017年9月14日、中国メディアの環球網によると、露通信社スプートニクは13日、アフガニスタン、北朝鮮、ソマリア、シリア、トルクメニスタンの5カ国は「世界で最も客嫌いな国」のリストに入っていると伝えている。これらの国はビザなしで外国人が入国することに同意していないためだ。

ビザなしや事前手続きなしで渡航できる国の数をパスポートごとにランキング付けするサイト「パスポート・インデックス」によると、アンゴラはナミビアの1カ国にだけビザなし入国を認めている。ブータン、赤道ギニア、エリトリア、イラン、リビアが認めているのは3カ国だ。(翻訳・編集/柳川)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

国外総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ロシア軍が誤ってロケット弾を民間人に向け発射したとされる衝撃的なムービーがYouTubeで公開される
8歳男児が2日間で5人の命救う
ナリナリドットコム
サハリンはなぜ今「ベビーブーム」なのか?
トランプの「ウラとオモテ」政治が、なぜじわじわ効いているのか?
逃げる女を確保...ところが止めたはずのパトカーが
  • このエントリーをはてなブックマークに追加