最新ランキングをチェックしよう
究極のリアリティ。人間に近すぎて、メイキング過程で思わず声を上げそうになる超現実的人形職人のテクニック

究極のリアリティ。人間に近すぎて、メイキング過程で思わず声を上げそうになる超現実的人形職人のテクニック

  • カラパイア
  • 更新日:2019/03/16

image credit:rubenorozcoloza/instagram まるで義眼を入れているかのように見えるがこれは人形である。
 メキシコ、グアダラハラ出身のアーティスト、Ruben Orozco Lozaの手にかかれば、思わず動き出しそうなほどリアリティがあるレプリカ人形になるのだ。
 リアリティゆえに制作過程で思わず声が出そうになるほどだ。生身の人間をいじっているかのように見えるから

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

動物カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ライオンの父がいる。トラの母がいる。そしてライガーがここにいる。
猫が飼い主の顔を噛んでくる5つの理由
【おっきくなりました!】ハスキーの子ども時代と大人時代を比べてみたら...その違いにビックリ♪ (2枚)
柴犬が“スポッ”を覚えた動画に「決め顔がイケメン過ぎます」「気持ちいいくらい 上手くハマるね」の声
犬が『安心』している時によくするサイン4つ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加