創業者の責任は?小池知事 「希望の党」代表辞任へ

創業者の責任は?小池知事 「希望の党」代表辞任へ

  • テレ朝news
  • 更新日:2017/11/14
No image

動画を見る(元記事へ)

東京都の小池都知事は、希望の党が玉木共同代表を中心とする執行部人事を固めたことを受けて、党の代表を辞任する意向を固めました。

希望の党は14日午後に両院議員総会を開き、玉木共同代表が幹事長などの新しい執行部案を示すことにしています。これを受けて、小池代表は代表を辞任する考えを関係者に伝えました。今後は都政に専念したい考えです。希望の党は、先月の衆議院選挙で小池代表が民進党出身者の一部を「排除する」と発言したことなどが響き、50議席にとどまりました。しかし、小池代表は、選挙直後には「創業者としての責任がある」と代表にとどまる考えを示していました。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【報ステ】安倍総理、所信表明演説で子育て支援強調
【所信表明演説】第4次政権の意気込み示す 短期の北朝鮮問題と2020年目途の少子化対策に力点 物足りない憲法、抜けた北方問題
立憲民主党、維新・足立議員に対する懲罰動議を提出
【報ステ】幼児教育無償化 経団連が財源一部負担へ
「ものが言えていない」小泉進次郎氏が経済界に苦言
  • このエントリーをはてなブックマークに追加