ジェームズ・キャメロン「26年たっても映像には自信がある」『ターミネーター2 3D』製作秘話

ジェームズ・キャメロン「26年たっても映像には自信がある」『ターミネーター2 3D』製作秘話

  • シネマカフェ
  • 更新日:2017/08/12
No image

『ターミネーター2 3D』

もっと画像を見る

ジェームズ・キャメロン監督の代表作にして、俳優アーノルド・シュワルツェネッガーの人気を不動なものにした『ターミネーター2』が、最先端の3D技術で新たに劇場に降臨する。今回、キャメロン監督から当時の製作秘話などが明らかになるインタビュー映像が到着した。

1984年、殺人サイボーグ=ターミネーターが未来から送り込まれた。このサイボーグにはある任務があり、その遂行を誰も止めることはできない。ターゲットは、ある女性サラ・コナー。見かけは普通の女性だが、彼女はのちに世界を変えることになる子どもを生む運命にあった――。

そして、最初のターミネーター出現から10年後。近未来で人類抵抗軍のリーダーとなる、サラ・コナーの息子ジョンは少年に成長していた。スカイネットによる機械軍はジョンを少年のうちに殺すため、新しいターミネーターを送り込む。残忍非道なターミネーターに立ち向かうサラとジョン母子に、強い味方が現れる。それは、いかなる犠牲を払ってもジョンを守れと厳命を受け、人類抵抗軍によって送り込まれた、もう1体のターミネーターだったーー。

このたび、キャメロン監督の最新インタビュー映像が到着。1作目の『ターミネーター』を製作する際、映画会社からカイル・リース役でアーノルド・シュワルツェネッガーは紹介されたが、キャメロンのイメージと合わず、最終的に彼をターミネーター役に起用したという驚きの経過を告白。さらに、「映像には自信がある」と語るように、『ターミネーター2』で使用されたCGはたった42ショットで、特殊メイクなどで工夫をこらして代用したエピソードなど、キャメロン監督の口から当時のエピソードが語られていく。

「T2を映画館で見られるまたとないチャンス」と語るキャメロン監督が、自ら太鼓判を押す、新しく生まれ変わった傑作をこの夏、目撃してみて。

『ターミネーター2 3D』はTOHOシネマズ日劇ほか全国にて公開中。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
ダニエル・クレイグ、『007』ボンド続投を認める!「待ちきれない」
映画『デッドプール』続編撮影中に女性スタントが死亡 カナダ
映画『HiGH&LOW』、岩田剛典ら出演の舞台挨拶をリアルタイム配信
満島ひかりが女優としての「覚悟」を見せた映画「海辺の生と死」
8月16日の注目映画第1位は『身体を売ったらサヨウナラ』
  • このエントリーをはてなブックマークに追加