ソフトバンク、16-17年冬春向け新モデルを発表 スマホはこの2機種に注目

ソフトバンク、16-17年冬春向け新モデルを発表 スマホはこの2機種に注目

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2016/10/18
No image

(写真左から)「Xperia XZ」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)、「STAR WARS mobile」(シャープ製)

ソフトバンクとウィルコム沖縄は2016年10月12日、16-17年冬春向けの新モデルを発表した。同社は「Softbank(ソフトバンク)」と「Y!Mobile(ワイモバイル)」の2つのブランドで携帯電話事業を展開しており、両ブランドの新モデルがまとめてリリースされた。

「Softbank」はスマートフォンが3機種で、タブレットが2機種、携帯電話が1機種、衛星電話が1機種。このほか今年6月10日に発売したスマホ「AQUOS Xx3」に新色のピンクが加わる。一方の「Y!Mobile」は携帯電話が1機種、タブレットが1機種となっている。この記事では「Softbank」から16年中に発売されるスマホ2機種を取り上げる。

ソニーの技術力が結集した「Xperia XZ」

ソニーモバイルコミュニケーションズ製の「Xperia XZ」は、10月14日に予約受け付けが始まった。発売日は11月上旬以降。

Xperiaシリーズのフラグシップモデルに位置付けられる本機は、集光効率に優れたF値2.0/広角24㎜の「Gレンズ」をメインカメラに採用した。CMOSイメージセンサーは有効画素数約2300万画素で、加えて「レーザーAFセンサー」と「RGBC-IRセンサー」を搭載。これら3つのセンサーが被写体をしっかり捉える。色描写や高速オートフォーカスは従来機からさらに向上した。ソニーのデジカメ「サイバーショット」とビデオカメラ「ハンディカム」の技術を応用することにより5軸手ブレ補正を実現。前面のサブカメラは約1320万画素あり、自撮りの場面でも不足はない。カメラ機能だけでいえば世界中のあらゆるスマホの中でトップクラスではないか。

オーディオ機能もソニーのテクノロジーが結集。音楽CDの約3~6倍の情報量を誇るハイレゾ音源の再生が可能だ。CDやMP3などの圧縮音源をハイレゾ音源相当に変換する「DSEE HX」と周囲のノイズをカットする「ノイズキャンセリング機能」も有する。

一度に運べる情報量を増やす「256QAM」に対応。複数の周波数帯を束ねる「キャリアアグリゲーション(CA)」などと組み合わせることで、通信速度は下り最大350Mbpsに。ただし最大350Mbpsの提供エリアは東名阪の一部地域に限られ、その他の地域は最大262.5Mbps~75Mbpsとなる。

ディスプレイは約5.3インチで、解像度がフルHD(1920×1080ドット)。サイズが約幅72×高さ146×厚さ8.1(mm)、重さが約161g。

カラーバリエーションはフォレストブルー、プラチナ、ディープピンク、ミネラルブラックの4色展開。ボディには神戸製鋼所の開発したメタル素材「ALKALEIDO(アルカレイド)」を用いており、透明感のある輝きと色の奥行き感が魅力。

あのスペース映画の世界観が詰まった「STAR WARS mobile」

12月上旬以降に発売される「STAR WARS mobile」は、宇宙を舞台にした映画「スター・ウォーズ」シリーズの世界観を表現した、Softbank限定のスマホだ。

ホーム画面のライブ壁紙は、同シリーズの象徴的なシーンを、劇中に登場する乗り物「Xウィング」「タイ・アドバンスト x1」のコックピットに座っているかのような視点で体感することができる。メールや電話といった基本アプリケーションのアイコンやホームボタンは「スター・ウォーズ」をイメージしたクールなデザイン。操作中に鳴る音は「帝国のマーチ(ダース・ベイダーのテーマ)」をはじめおなじみのメロディが使われている。

人気キャラクターの壁紙を用意したり、映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が再生できる映像プレーヤーを搭載したりと、スター・ウォーズマニアの心をくすぐる仕掛けが随所に用意されている。

カラーバリエーションは「ダークサイド エディション」と「ライトサイド エディション」の2パターン。見る角度によって色が変わる偏光パネルを背面に採用し、「スター・ウォーズ」のロゴと、映画に登場する帝国軍と反乱軍それぞれのシンボルをプリントした。個装箱もそれぞれの世界観を表現したデザインなのが心憎い。

スマホでありながらフィギュアが付いているのも本商品の特徴だ。12月16日公開予定の映画最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」に登場するキャラクターと乗り物のフィギュアが5種類同梱されている。その中には限定品の「ダース・ベイダー(ローグ・ワン)ガンメタルバージョン」も含まれる。

端末の機能はハイエンドスマホと比較してもそん色ない。メインカメラは有効画素数約2260万画素、サブカメラが約500万画素。ディスプレイは約5.3インチ、解像度はフルHD(1920×1080ドット)。さらに防水/防じん機能を備えている。サイズは約73×149×7.6(mm)、重さが約155g。<J-CASTトレンド>

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
日本のIT産業の生産性の低さの一つの理由 --- 水野 匡章
女の子にマッサージも アダルトゲーム「VRカノジョ」が最新VRコントローラー対応で、“手”で触れるプレイが可能に
業務の効率化に貢献!?オフィスの個室トイレの空き状況が確認できるアプリ『Toilet IoT』
【ビデオ】ダッジ、米国製マッスルカー初の4輪駆動となる「チャレンジャー GT」を発表!
マリファナや野菜を自宅で簡単に育てられる全自動栽培ボックス「Leaf」

注目のキーワード

キーワードで気になるニュースを絞りこもう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加