柏、敵地で2点リードからまさかの...韓国王者に逆転許しACL黒星発進

柏、敵地で2点リードからまさかの...韓国王者に逆転許しACL黒星発進

  • フットボールチャンネル
  • 更新日:2018/02/13
No image

柏レイソル、全北現代に敗戦【写真:Getty Images】

【全北現代 3-2 柏レイソル ACLグループステージ第1節】

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)のグループステージ第1節が13日に行われ、柏レイソルはアウェイで韓国の全北現代と対戦した。

昨季のJ1を4位で終え、3位セレッソ大阪の天皇杯優勝によりACL出場権を手に入れた柏。プレーオフでタイのムアントン・ユナイテッドを下して本戦へと進み、その初戦では韓国王者のホームに乗り込んだ。

柏は敵地での試合を非常に良い形でスタートさせることに成功。前半10分、相手ボールを奪った大谷がそのままダイレクトで前線左サイドへボールを送る。相手GKも飛び出したがハモン・ロペスが先に追いついてシュートを放ち、無人となったゴールにボールが転がり込んだ。

さらに27分、ハモン・ロペスがエリア内左サイドで切り返しからシュートを放ち、GKが弾いたボールを江坂が押し込む。今季大宮から加入した新戦力の移籍後初ゴールでリードを2点に広げた。

だが後半には全北の反撃を許してしまう。55分にはCKからのクロスに、38歳の大ベテランFWイ・ドングクがニアサイドでのヘディングで合わせて1点差に詰め寄る。

75分には全北がFKから放ったシュートが壁に当たってゴール前へ浮き上がり、FWキム・シヌクが反応。GK中村の体に当たったボールを最後は元新潟のDFキム・ジンスがボレーで押し込んで同点に。

再び勝ち越したい柏の攻めをGKの好守でしのいだ全北は、84分についに逆転。ディフェンスラインの裏へ送られた縦パスを拾ったイ・ドングクが右足の強烈なシュートで中村を破った。そのまま反撃はならず、柏は悔しい逆転負けでACLでの戦いをスタートさせることになった。

【得点者】
10分 0-1 ハモン・ロペス(柏)
27分 0-2 江坂任(柏)
55分 1-2 イ・ドングク(全北)
75分 2-2 キム・ジンス(全北)
84分 3-2 イ・ドングク(全北)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

Jリーグカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
“仲間置き去り”の韓国女子パシュート選手、涙の謝罪会見もうそだった?=韓国ネットの怒りもヒートアップ
鹿島1番人気 C大阪川崎F続く/ニッカン順位予想
スピードスケートで北朝鮮が妨害行為。日本を巻き添えにするつもりだったのかと非難の声。
王国オランダを追い抜いた日本の技!科学的分析で空気抵抗を最小限に/スピード
【Jリーグ都道府県別選手数ランキング】トップは今年も東京!意外な健闘を見せた県は?
  • このエントリーをはてなブックマークに追加