最新ランキングをチェックしよう
【歴史戦】国連人権理事会が11月に対日審査、慰安婦や徴用工提起か 政府は8月に人権状況改善の報告書

【歴史戦】国連人権理事会が11月に対日審査、慰安婦や徴用工提起か 政府は8月に人権状況改善の報告書

  • 産経ニュース
  • 更新日:2017/09/15

11月にスイス・ジュネーブで開かれる国連人権理事会で、日本が審査対象国になることが14日、分かった。理事会の勧告は各国代表の意見表明に基づき作成され、慰安婦や徴用工をめぐる歴史問題が人権問題として取り上げられるとみられる。11月中にもまとめられる勧告に法的拘束力はないが、審査の過程で対日批判が展開される恐れがある。
 対日審査は平成20(2008)年と24(2012)年に続いて今回が3回目。審査の

外部サイトで読む

今、こんな記事が人気です!

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

政治カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【衆院解散】「黒幕」前面に...小池百合子都知事が新党代表 焦りの裏返し 首相解散表明直前の会見 改憲、原発ゼロと総花的な政策
「稲田朋美」とは何だったのか?もてはやされた「保守政治家」の凋落
「希望の党」に駆け込むみっともない政治家たち
【単刀直言】連合・神津里季生会長 風頼みの民進党離党者「許せんなと思いますね」
衆院選目前で発覚した野田聖子大臣のスキャンダル
  • このエントリーをはてなブックマークに追加