『ハリポタ』最新刊が3週連続総合1位 年賀状関連本も好調

『ハリポタ』最新刊が3週連続総合1位 年賀状関連本も好調

  • ORICON STYLE
  • 更新日:2016/12/01
No image

『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(静山社)(著)J.K.ローリング,ジョン・ティファニー,ジャック・ソーン/(訳)松岡佑子

人気シリーズ「ハリー・ポッター」の最新作『ハリー・ポッターと呪いの子 第一部・第二部 特別リハーサル版』(J.K.ローリング、ジョン・ティファニー、ジャック・ソーン著 松岡佑子訳 静山社/11月11日発売)が週間9.5万部(累積58.7万部)を売り上げ、12/5付オリコン週間“本”ランキング(集計期間:11/21~11/27)総合部門にあたる「BOOK部門」で3週連続1位を獲得した。

【予告編】J.K.ローリング氏新シリーズ『ファンタスティック・ビースト』映画化

8年ぶりのシリーズ最新作となる同書は、ローリング氏が書き下ろした新しいストーリーをもとに、今年7月に英ロンドンで上演された舞台劇の書籍化したもの。ローリング氏が脚本を書き下ろした映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』が11月23日から公開され、最新興行収入ランキングで初登場1位を獲得するなど、相乗効果を起こしている。

そのほかBOOK部門では、毎年この時期から年末にかけての風物詩となっている新年の年賀状作成関連本による上位独占の動きが活発化。『世界一かんたん定番年賀状2017』(KADOKAWA/10月1日発売)が先週付7位から3位(週間4.2万部)にランクインし、今年発売された同関連本ではTOP5入り一番乗り。続いて『はやわざ年賀状2017』(インプレスジャパン/10月5日発売)が同じく12位から6位(同2.7万部)、『あっという間にかんたん年賀状2017年版』(技術評論社/10月8日発売)も16位から8位(同2.2万部)となり、3作がいずれも最高の週間売上部数でTOP10入りとなった。

コミック部門では、『テラフォーマーズ』の最新19巻(原作:貴家悠、画:橘賢一/集英社/11月18日発売)が、週間15.0万部で、先週付2位から順位を上げ1位を獲得した。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

映画カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
折り紙のような野生動物が室内を駆ける! 人間と自然の関わりを描いた動画「Paper World」が秀逸
監督の安齋肇が「変態だ」初日に遅刻、みうらじゅん「もう僕が撮ったことにして!」
まだ見ぬ明日。映画で描かれた滅亡後の世界の景色まとめ
今度の“HERO”も桁外れ! 木村拓哉演じる『無限の住人』 万次の凄過ぎるポイント
安齋肇、初監督作の初日にやっぱり遅刻!みうらじゅん「もう僕が撮ったでいいでしょ」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加