伊藤有希2大会連続五輪へ「どうせ飛ぶなら世界一」

伊藤有希2大会連続五輪へ「どうせ飛ぶなら世界一」

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2018/01/12
No image

五輪代表に選ばれ笑顔を見せる高梨(左)と伊藤(撮影・黒川智章)

全日本スキー連盟は11日、ジャンプ男女ら平昌五輪(ピョンチャンオリンピック)代表11人を発表した。

伊藤有希(23=土屋ホーム)が、2大会連続五輪となった。14年ソチ五輪は7位。「ソチの試合は2本目が終わって、高梨選手と『4年後にもう1回、五輪に出ようね』といった。4年間平昌を目指してきた。今日が五輪のためのスタート」と意気込んだ。五輪の目標として色紙に「どうせ飛ぶなら世界一」と書いた。故郷の北海道下川町の「下川ジャンプ少年団」のスローガンを掲げていた。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

フィギュアスケートカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
藤井四段「成長見せる」羽生竜王「手強い存在」 2・17公式戦初対局前に両雄火花
羽生結弦(14)、パパ呼びでファン悶絶 「天使すぎ」「やばい萌え」
ネイサン・チェン、羽生結弦に勝って感じた「気まずい思い」とは?
ISU欧州フィギュアスケート選手権2018 男子シングルプレビュー
羽生、五輪連覇へ急ピッチ!1週間前から氷上練習再開/フィギュア
  • このエントリーをはてなブックマークに追加