「6月21日大地震」怪情報にご注意を ネットで急拡大、南海トラフ不安あおる眉唾予言

「6月21日大地震」怪情報にご注意を ネットで急拡大、南海トラフ不安あおる眉唾予言

  • J-CASTニュース
  • 更新日:2018/06/19

2018年6月21日、日本を大地震が襲う――こんな「怪情報」が、今ネットの海を急速に浸食している。

No image

18日には、大阪北部地震が起きたばかり。「南海トラフの前兆では?」という不安が広がる中、具体的な日付が飛び出し、おびえる人が少なくない。

結論から言えば、この噂は信頼に値するとは言い難い。なぜなら、ソース(情報源)は、「眉唾」の予言でしかないからだ。

「東海地方で1000人以上、もしくは100万人が死亡」

「6月21日の地震に気を付けて」「6月21日が怖いよ! マグニチュード10.6位の地震が来るらしい」「南海トラフが6月21日くるって????」――大阪北部地震が起きてからというものの、ツイッターはこんな書き込みであふれかえっている。

情報源となっているのは、一部ニュースサイトやまとめブログの記事だ。YouTube上の動画もこれをあおる。だが、その出元はなんともあやふやである。「ダ・ルース」なる予言者が発表した、あるいは「3人の予言者」がそろって未来予知した、10年以上前から予見されていた、その的中率は「95%」だ――などなど、尾ひれを生やしながら噂は拡散している。

実際のネタ元はブラジル在住の男性、ジュセリーノ(・ダ・ルース)氏だ。「夢」で未来を見通すことができると自称、日本でも一時期、頻繁にテレビ出演していた。

問題の予言は、2008年の著書『続・未来からの警告』(たま出版)に詳しく取り上げられている。

「まず、私が夢に見ましたのは、2018年6月21日に、東海地方でマグニチュード10.6という強い地震が起き、1000人以上、もしくは100万人もの人が死亡するだろうということです」(原文ではいずれも漢数字表記)

さらにジュセリーノ氏によれば、日本列島はその後も大地震や火山噴火に見舞われ、2030年には「崩壊」、8年後までに海底に消えてしまうというのだ――。

ほかの予言は「ハズレ」多数

予言は当時、日本でもちょっとしたセンセーションを巻き起こしたものの、その後ジュセリーノ氏の「ブーム」が去るとともに忘れられる。「予言の日」が近づいても、取り上げたのは一部のオカルト系サイトのみに。

そこに起きたのが、大阪北部地震だ。より大きな地震の「前震では?」という不安もあいまって、ジュセリーノ予言は急激に人々の注目を集める。その結果が、上記のパニックである。

だが、信用はできるのか。『続・未来からの警告』を、落ち着いて読んでみよう。

そもそも、「6月21日大地震」の前段階として、ジュセリーノ氏は、「2008年9月13日、名古屋(もしくは中国)で起きるM8.6(もしくはM9.1)の大地震」があるはず、とする。だが、そのような地震が起きなかったことはご存じのとおり。このほか、ジュセリーノ氏は、日本だけでも、

「2009年1月25日、大阪や神戸でM8.2。死者50万人」「2009年11月、日本国内で地震。数千人の死者」「2010年5月14日、東京でM7.7」「2010年9月15日、『新たな関東大震災』となるM8.4」「2012年、大阪でM8.9。死者多数」

と、巨大地震を複数「予言」する。該当するものはないし、逆に、「東日本大震災」に当たるような予言もまた、確認できない(なお、震災後にジュセリーノ氏は、以前から予見していた、とした)。

地震以外でも、2015年には「日本の夏がセ氏58度になる」というとんでもない予言があるが、この年の夏の気温は幸い、平年並みだった。

「南海トラフ」への影響はあるのか?

オカルト系ニュースサイト「ATLAS」は16日、「『6月21日大地震が日本を襲う』ジュセリーノの予言を否定する!」と題した記事を配信した。その中で、オカルト研究家の山口敏太郎氏は、

「ジュセリーノの予言はかなりあやふやなものが多い」「あくまでエンターテイメントをビジネスにしているタレントさん」

と、「予言」を一刀両断にしている。

気象庁は地震直後、18日午前の会見で、「南海トラフ」との関係について「影響は考えづらい」と、否定的な見解を示している。とはいえ、発生から1週間程度は同クラスの地震が起きる可能性が。「6月21日」はとにかく、しばらくは「備え」が必要だ。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

社会カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
キャバクラ店で暴行か...暴走族OBグループ幹部を逮捕
豪雨被害の「慰労会バーベキュー」から傷害事件に ご近所同士のトラブルが怖い
【衝撃事件の核心】「雑炊が気にくわん」謝る店主を殴り続ける 法廷で語られたちゃんこ店暴行死事件の凄惨さ
富山市の性的暴行事件 「容疑者8人全員釈放」の展開に疑問の声と憶測飛び交う
宮内庁指摘、小室圭さん“まだフィアンセではない”
  • このエントリーをはてなブックマークに追加