元メジャー監督らが東京五輪米国代表チームを指導

元メジャー監督らが東京五輪米国代表チームを指導

  • 日刊スポーツ
  • 更新日:2019/08/14
No image

ウィリー・ランドルフ氏(2015年11月14日撮影)

USAベースボール(全米アマチュア野球連盟)は13日、2020年東京オリンピック(五輪)予選に臨むチームのスタッフを発表。元メジャーリーグ監督のウィリー・ランドルフ氏と、ブライアン・プライス氏らがコーチングスタッフとしてジョー・ジラルディ監督と協働することになった。

三塁コーチを務めることになるランドルフ氏は現役時代、二塁手として主にヤンキースで活躍し、オールスターにキャリア通算で6度選出。引退後はメッツを4シーズン率いた経験がある。投手コーチに就任するプライス氏はメジャーで10年以上ピッチングコーチを務めた後、レッズの監督を5シーズン務めた。

そのほか、ヤンキース時代の1998年ワールドシリーズでMVPに輝いたスコット・ブロシアス氏はベンチコーチに。外野手としてメジャーで活躍し、現在ヤンキース傘下3Aの打撃コーチを務めるフィル・プランティア氏が打撃コーチ、ホワイトソックスとブルージェイズでコーチを務めた経験のあるロリー・デ・アルマス氏はブルペンコーチとなる。

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

MLBカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
【MLB】大谷翔平の“カーブ解禁”ブルペンに地元メディア興奮「進歩」「回復は極めて良好だ」
【MLB】キューバ出身プイグ、大乱闘出場停止処分中に米国国籍取得「神に感謝しています」
ヤンキースにまた退場者、判定に抗議した監督ら3人
【MLB】田中将大の快投9勝目を米メディアが大絶賛 「またしても素晴らしい」
『サンデーモーニング』MLB評論もダルビッシュ投手はスルー 内容に批判
  • このエントリーをはてなブックマークに追加