どこか懐かしくて愛らしいスマホ「TITAN」を使ってみた

どこか懐かしくて愛らしいスマホ「TITAN」を使ってみた

  • ライフハッカー[日本版]
  • 更新日:2019/10/19

ギズモード・ジャパンより転載:

ブラックベリー感ある。

進化は、必ずしも正しい方向に向かうわけではありません。少なくとも、一部の人たちにとっては。

ガラケーでは普通だったキーボードも、スマホを使い始めてから遠い存在になってしまいました。フリック入力ができて、画面も大きくなってメリットはたくさんあるものの、「あの頃はよかったなぁ」とノスタルジーに浸ることもあるわけです。

現在、Campfireでクラウドファンディングをしている「TITAN」は、キーボード付きで最高の防水性能とタフネスを合わせもつスマホ。なんか懐かしいと思いながら、実機をレンタルし、実際に使ってみましたよ!

4.6インチのタッチディスプレイ

No image

Photo: 島津健吾

TITANのディスプレイは、1430mm×1438mmのほぼ正方形。タッチディスプレイで、Android 9.0搭載。これだけで、今の縦長スマホにはない斬新さ。そのほかにも、以下のような機能が。

ワイヤレス充電対応

バッテリー6000mAh

充電はUSB Type-C

指紋認証・顔認証対応

NFC対応

ディアルSIMカード対応

トランシーバー

もちろん、このほかにも機能盛りだくさんなわけですが、バッテリー6000mAhってすごすぎやしませんかね?最新のiPhone 11 Pro Maxですらバッテリー容量は約4000mAhと言われていて、そのすごさが目立ちます。これなら、数日は持ちそうですね。

片手では操作できないが、それもまた良き

No image

Photo: 島津健吾

当然ですが、片手では操作できません。それもそのはず、両手で使う前提として設計されているからです。

タッチスクリーンにキーボードを表示することもできないので、文字の入力は両手10本の指でガシガシと打ち込んでいきます。うん、やっぱりスクリーンではなく、ハードとしてのキーボードを打ち込んでいくのは楽しい。忘れていたよ、この感覚。

この辺は、今はなきブラックベリー感が溢れ出ていて、ちょっと懐かしさを感じます。

IP67の防塵防水

No image

Photo: 島津健吾

これだけキーボードがあると心配になるのが、耐水性。

大丈夫です、しっかり配慮されていますよ。防塵防水性能は、IP67。

粉塵が内部に侵入しない。

規定の圧力、時間で水中に浸漬しても有害な影響を受けない。

防塵も、防水もどちらも高い性能があり、アウトドアで使うにも心配ないレベル。

No image

Photo: 島津健吾

実際に水をかけて、水につけてみましたが、動作に影響なし。キーボードの隙間が気になっていましたが、特に問題ありませんでした。

成熟したスマホ市場に見える一点の光

No image

Photo: 島津健吾

やっぱり、Androidが走っているというのが実用感があって安心なところ。今Androidを使っている方なら、問題なくスムーズに移行できるでしょう。

No image

Photo: 島津健吾

そして、1つ気になったのが、ツールボックスというアプリ。標準搭載されていましたが、これがまた興味深いんですよ。たとえば、コンパス、分度器、ノイズテストなど、普段はなかなか使わない機能が豊富に入っています。

基本的には、アウトドアで活用する機能ばかりですが、TITANを触っていて楽しいのが、こうした新しい発見があるところです。

スマホ市場はすでに成熟した市場にあり、メーカーごとの違いが徐々に薄れてきています(もちろん、カメラやスタイラスペンなど、まだまだ違いはありますが)。

しかし、TITANはその中でも異色の存在。そもそも、キーボードがついていますからね。それに加えて、ちょっと斜め上のアプリが入っていたり、初めてゲームボーイを持った時のような「こいつで何ができるんだろう」というワクワク感があります。

カメラはフロントとバックに1つずつ

No image

Photo: 島津健吾

TITANは、8メガピクセルのフロントカメラと16メガピクセルのリアカメラを搭載しています。価格を考えれば、カメラの機能はこれくらいで十分なのですが、ISO、ホワイトバランス、露出を自分で調整できます。ISOは100〜1600の範囲でしたが、一眼レフレンズを使っている人からすれば、これはちょっとした楽しみになるかもしれません。

スマホに求めていたワクワク感がある

No image

Photo: 島津健吾

これはスマホの未来だ!と言う気は全然ありません。でもね、スマホにワクワク感を求めるなら、TITANはありだと思いますよ。今のハイエンドスマホにはないような、新しい発見あり、ワクワク感あり。金額も28999円と、手を出してみようかと思ってしまう絶妙なライン。

1つ言えるのは、こうしたガジェットは買うか悩んではいけない。心に従い、直感でポチるのが後悔しない買い方ってやつですね。

>>キーボードの合わせ技に心奪われるTITANの支援はこちら

Photo: 島津健吾

Source:Campfire

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

IT総合カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
デリバリーロボが地図なしで配達先のドアを自力で見つける方法
Windowsに複数の脆弱性、アップデートを
【速報】16インチMacBook Pro発売!キーボード刷新、15型から値下げ
ロープロスイッチ採用のゲーマー向け日本語配列キーボード
Slack、新たに「Slack サービスパートナープログラム」を開始
  • このエントリーをはてなブックマークに追加