浦和の熱狂はバルサ、リバプールに匹敵! 「世界の筋金入りサポーター5傑」に選出

浦和の熱狂はバルサ、リバプールに匹敵! 「世界の筋金入りサポーター5傑」に選出

  • Football ZONE web
  • 更新日:2017/10/12
No image

米メディアが特集 浦和サポーターの「芸術的なコレオグラフィー」は必見と紹介

浦和レッズのサポーターはその熱狂的な応援で知られるが、世界でも5本の指に入ると紹介されている。米スポーツ専門テレビ局「FOXスポーツ」が行った「世界の筋金入りのサポータートップ5」という特集にて、浦和サポーターが名を連ねた。

記事では、浦和サポーターの最大の特徴を「芸術的なコレオグラフィー」と記している。2006年のリーグ優勝時にバックスタンド全面に広がるクラブのエンブレムをかたどったものや、翌年のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)優勝時の大きな星を描いたものなど、その規模の大きさは国内でも他の追随を許さない。また、13年のヤマザキナビスコカップ(当時)決勝では国立競技場のゴール裏にカップを掴み取る手を表現するなど、その独創性と細部にこだわったデザインも特徴だ。

そして、「もし次の東京に行く機会があれば、試合のある日の埼玉スタジアムまで立ち寄ることをオススメする」としている。

他では、クラブワールドカップで来日した際に、大阪の道頓堀の風景を一変させたことでも話題を呼んだリバープレート(アルゼンチン)もノミネート。そして「彼らは激しい歌と精巧に作られたバナーで相手を不安定にさせる」と、一体感を作り上げてプレッシャーをかけると紹介している。

ACL決勝進出で再び世界を驚かせられるか

欧州で最初に名が挙がったのが、トルコの名門ガラタサライのサポーターだ。悪名高い「地獄へようこそ」のバナーを掲げるサポーターは、その文面の通りの行動を取るともされ、1993年のマンチェスター・ユナイテッドと2001年のパリ・サンジェルマンのファンは「文字通りに地獄を見た」と表現。発煙筒に包まれた殺伐とした空気は世界屈指のものとされている。

また、イングランドのリバプールサポーターも名を連ねた。チームの“12人目の選手”として「伝説的な地位を築いている」と評されたサポーターの代表的なゲームが、2005年のUEFAチャンピオンズリーグ決勝のACミラン戦だ。0-3の劣勢から逆転優勝を果たしたゲームについて「彼らの声援がビハインドから逆転させるだけの力を与えた」と振り返っている。

そして、スペインの強豪バルセロナのサポーターが最後の1枠を射止めた。「ネイマールを失う厳しい時期にあるクラブだが、彼らの忠誠心だけは絶対に失われない。彼らを敵に回すとどれだけ恐ろしいかは、ルイス・フィーゴに聞けば分かる」。“宿敵”レアル・マドリードへ移籍した後の直接対決において、丸焼きにされた豚の頭を投げ込まれた事件を示唆して、その忠誠心が激しさに代わる一面があるとした。

サッカーの歴史をかたどってきた欧州と南米の名門クラブのサポーターと同列で評価された浦和サポーター。今季はACLで準決勝まで勝ち残り、18日の上海上港(中国)戦を突破すれば、07年優勝時以来の決勝となる。すでに、決勝進出の場合は第2戦がホームになる組み合わせと決まっているため、その日の埼玉スタジアムに広がる光景は再び世界を驚かせることができるかもしれない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

海外サッカーカテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
平昌五輪観戦はほとんど我慢大会!?氷点下10度に吹きさらしのメーン会場=韓国ネット「選手たちだけでやって」「今からでも開催をやめた方が...」
ELで相手に“衝撃のスルーパス” 珍プレーに反響「イカしてる」「残念ながら相手間違えた」
「女子高生ミスコン」各都道府県の“一番かわいい女子高生”全て発表 セミファナリスト66人が出揃う<日本一かわいい女子高生>
ブラジル代表、ネイマールら25名を招集...日本&イングランドと対戦
人類は84年前に比べてどれだけ速く泳げるようになったのか分かる動画が想像以上にヤバい
  • このエントリーをはてなブックマークに追加