北の富士氏、稀勢の里にため息「ここは仕方がない。我慢のしどころだ」/初場所

北の富士氏、稀勢の里にため息「ここは仕方がない。我慢のしどころだ」/初場所

  • SANSPO.COM
  • 更新日:2018/01/14

大相撲初場所初日(14日、両国国技館)4場所連続休場からの再起を期す横綱稀勢の里(31)は、行司差し違えで小結貴景勝(21)にとったりで敗れ、初日から土がついた。

NHKでテレビ解説を務めた北の富士勝昭氏(75)は稀勢の里について、「ため息もでるねぇ。それでも前に出たからね」と評価。「ここは仕方がない。我慢のしどころだ」と奮起を促した。

稀勢の里は突っ張りで貴景勝を土俵際に追い込むも押し返され、その後は貴景勝とほぼ同時に土俵の外へ。行司軍配は稀勢の里に上がったが、物言いがついた。稀勢の里の肘が先に付いたとして、軍配差し違えで貴景勝の勝利。2場所連続で貴景勝に敗れた。

No image

とったりで稀勢の里を破った貴景勝=両国国技館(撮影・高橋朋彦)

この記事をお届けした
グノシーの最新ニュース情報を、

でも最新ニュース情報をお届けしています。

外部リンク

大相撲カテゴリの人気記事

グノシーで話題の記事を読もう!
鶴竜 盤石の10連勝、慢心なし「一日一日、また明日から」
逸ノ城の“自信”一時減量も自己最重量で充実5連勝
稀勢の里はけがではなく精神面? 貴乃花一門は逆襲?
鶴竜「一番いい」攻め続ける取り口で単独トップ守る
鶴竜、自画自賛10勝「すごく流れがよかった」/初場所
  • このエントリーをはてなブックマークに追加